ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

自然と環境 ベルン大学、オゾン層の気候への影響を明らかに

satellite image of a cyclone forming

ベルン大学気候変動研究所エシュガーセンターが13日に発表した調査で、南極オゾンホールが気候に与える影響は予想以上に大きいことが明らかとなった。例えば、南太平洋にあるフランス領ポリネシアでは、10~12月の降水量が1960年代から90年代にかけて50%増加。同研究所のステファン・ブローニマン教授によると、この変化は同期間におけるオゾンホールの拡大と直接の因果関係があるという。

(Nasa)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×