Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

航空史上に残る大冒険


ソーラー・インパルス2、前人未到の世界一周の旅へ出発


swissinfo.ch、外電


 他言語で配信中:2  他言語で配信中:2
ソーラー・インパルス2の世界一周の旅は、今年8月まで続くとされる (Keystone)

ソーラー・インパルス2の世界一周の旅は、今年8月まで続くとされる

(Keystone)

太陽光だけで飛ぶスイスの電動飛行機「ソーラー・インパルス2」。これまで悪天候で出発が延期されてきたが、9日朝、世界一周の旅に向けてアブダビ空港を飛び立った。同機が最初に向かうのは、オマーンの首都マスカットだ。

 ソーラー・インパルス2は日の出直後の現地時間7時12分、パイロットのアンドレ・ボルシュベルクさんの操縦でアブダビ空港を離陸した。最初の目的地マスカットまでは、飛行距離400キロ、所要時間約12時間が予定されている。

 出発は先週土曜日が予定されていたが、週末に吹き荒れた強風により延長を余儀なくされていた。

 今日9日、同機はついに総飛行距離3万5千キロの旅に出た。航行は東回りで、アラビア海、インド、ミャンマー、中国、太平洋、米国、大西洋、南欧、北アフリカを通り、今年8月に出発地アブダビに戻ってくる予定だ。

 最大のチャレンジは、太平洋および大西洋の横断だ。120時間、つまり昼夜問わず5日間をノンストップで飛行しなければならず、前人未到の挑戦となる。

スイスをアピール

 今回の旅に向けた研究開発と資金集めには、12年の月日が費やされた。資金は主に民間企業・団体から提供されているが、ソーラー・インパルス2でスイスを世界にアピールできるとの理由で、スイス政府も支援している。

 連邦外務省は「ソーラー・インパルス、スイス生まれのアイデア」というスローガンで支援・宣伝活動を行っている。ソーラー・インパルスは自然と気候が尊重される未来の世界を世界に伝えられると、同省は期待している。

 ディディエ・ブルカルテール外相は月曜日に発表した声明で、こう語っている。「私はこの前人未到の冒険を高く評価する。実現不可能と思われた世界が我々の手の届く範囲にあることを、若い世代に示しているからだ。(技術の)進歩、そして地球への敬意。これこそ、スイスがソーラー・インパルスで伝えようとするメッセージだ」

×