ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

若者の自殺 スイスで後絶たぬ若者の自殺防げ 実話で訴える予防キャンペーン

スイスでは若者の自殺が後を絶たず、3日ごとに一人が自らの命を絶ってしまう。これを食い止めようと、ある革新的なキャンペーンが始まった。(SRF、swissinfo.ch)

ある晩、18歳の高校生イリヤスさんの元に友人から電話がかかってきた。話を聞くと、恋の悩みで憔悴し、自殺したいという。男性は自分の父親に電話を渡して代わりに話してもらった。友人はイリヤスさんの父親と話し、自殺を思いとどまった。 

これは、青少年保護団体「Pro Juventute他のサイトへ(青少年のために)」の新しい自殺予防キャンペーン「話して、聞いて、助けを求める」で紹介された実話の一つ。スイス連邦鉄道(SBB)もキャンペーンを支援している。

キャンペーンのウェブサイトには五つの動画インタビューを掲載。イリヤスさんら若者5人が「友人にどうやって自殺を思いとどまらせたか」という経験談を自身の言葉で語る。キャンペーンでは、悩みを抱える若者に、まず友人に相談して欲しいと呼びかける。

スイス連邦鉄道の駅構内などには5人の顔写真を大きく掲載したポスターが掲示されており、スマートフォンのアプリでこのポスターを読み込むと、5人の動画が掲載されたサイトに飛ぶことが出来る。

スイスでは若者の10人に一人が自殺を試みたことがあるとされる。特に女性は男性に比べ、その数が3~4倍になる。

2009~15年、スイスでは29歳未満の自殺者が年間約130人に上った。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。