ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

血税の行方 スイス連邦政府の経費、年140億円 民間企業の約5倍

領収書の印刷機

スイス外務省や財務省は旅費交通費の支出が最も多くなっている

(Keystone)

スイス連邦政府が2017年に支出した経費が全体で1億2170万フラン(約140億円)に上ることが分かった。職員1人当たり3500フランを支出している計算で、民間企業の約5倍近い。

 連邦政府の7省(連邦裁判所と連邦内閣は除く)で働く3万4800人のフルタイム職員が2016年に支出した経費を、ドイツ語圏の日曜紙ゾンタークス・ブリックがまとめた。

最も出費が多いのは国防省他のサイトへで、4518万フランに上った。同省は幹部の家族のヘリコプター飛行や高級リゾート地での宿泊にも軍の予算が当てられていたことが発覚し問題になっている。国防省長官は16日、省内文化の変革が必要だとして謝罪した。

外務省他のサイトへの経費が2960万フラン、財務省他のサイトへが1860万フランと続いた。旅費交通費の支出は両省が最も多い。

同紙によると、省庁でかかる経費は民間企業に比べ高い。企業向けソフトウェア会社SORECO他のサイトへの調べでは、従業員数750人の企業では1人当たり733フランで、大半は旅費交通費や福利厚生費だ。

財政の透明性 スイス国防省幹部の家族、軍の経費で贅沢ざんまい

スイス連邦国防省の内部調査で、省幹部の妻たちが利用したヘリコプターの飛行や高級リゾート地での宿泊、無料のゴルフレッスンにスイス軍の予算が当てられていたことが分かった。ギー・パルムラン国防相はこうした「行き過ぎ」を防ぐための対策を既に講じていると弁明した。

このコンテンツは2018/11/15 6:00に配信されました

swissinfo.ch/ds

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。