ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

被害者の多くは未成年 スイスの職業訓練生、3分の2がセクハラ経験 労組調査

職業訓練生

スイスの職業訓練生の3分の2が、職場などでセクハラを受けたことがあると答えた

(Keystone/ennio Leanza)

スイスの職業訓練生の約3分の2がセクシャルハラスメントを経験していたことが、労働組合ウニア青年部が12日公表した調査で分かった。その多くが未成年で、被害場所の3分の1は職場だった。

スイスの職業訓練

スイスでは、前期中等教育(日本の中学校に相当)の義務教育を終えると、職業教育・訓練に進むか、成績が良ければ大学進学を前提とした高校に進む。3分の2以上が職業訓練コースに進む。制度の詳しい説明はこちらから。

インフォボックス終わり

調査他のサイトへは職業訓練生800人を対象に実施。回答者の28%は職業訓練の初年度だった。女性は全体の61%。

多くが未成年で、最初の職場で働き始めてまだ間もない時点だった人が目立つ。セクハラを受けた場所が職場、学校だったのはそれぞれ3分の1、私生活では半数以上に上った。セクハラを経験したことがなかったのは30%だった。

ウニア青年部のカトリン・ツィルテナー氏は声明で「極めて多くの若者がそのような経験をしている。訓練生だけなく、すべての従業員の保護を強化することが必要」と警鐘を鳴らした。

セクハラで最も目立ったのは、性的な意味合いを持つ皮肉や中傷的な発言だった。80%の女性がこうした被害を受けたと答えたのに対し、男性では46%と性別による差が目立った。

仕事へのストレス

調査では、多くの訓練生が強いストレスを感じていたことも分かった。約70%がストレスを感じているとし、半数近くが(そのストレスで)どうしようもなくなる時があると答えた。

また、3分の2(63%)が訓練期間中に残業したことがあり、3分の1(31%)が職場でいじめに遭ったと答えた。

ウニアはこれを受け、特に残業と夜間の業務から訓練生を守る措置が必要だと指摘。相談窓口を設け、加害者には罰則を設けるなどセクハラを許容しない職場づくりも必要だとしている。

Keystone-SDA/jdp

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。