ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

訃報 スイスの有名歌手ポロ・ホーファーが死去 方言とポップスを融合

Polo Hofer, with a red wrist band sporting the Swiss cross, sings into a microphone on stage

スイスの有名歌手ポロ・ホーファーが22日、長い肺がんの闘病生活の末、72歳でこの世を去った。ホーファーはベルンの方言でポップスを歌う歌手としてスイスで広く知られる。アラン・ベルセ文化相は、「スイス全国のあらゆる世代に、ベルンの方言がどれだけパワーと精気を持ち、いかに詩的かということを教えてくれた」と追悼の辞を寄せた。50年間に渡る音楽活動の中でホーファーが生み出した作品は350曲。代表作の一つに、1985年の楽曲「Alperose(ベルンの方言でアルペンローゼ)」が挙げられる。この曲は、スイスの名曲アルバムの定番曲にもなっている。

(Keystone)

スイス有名歌手 ポロ・ホーファーがベルンの方言で歌う、ボブ・ディラン

ベルンの方言でポップスを歌う歌手としてスイスで広く知られるポロ・ホーファーが、ボブ・ディランの「マスターピース(When I Paint My Masterpiece)」をカバーした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。


swissinfo.ch/mga

×