ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

過去を振り返る ベルンの日常生活を見続けた写真家、ジャン・ムグレ

ベルン出身の写真家ジャン・ムグレ氏は1880年代、当時トゥーン(Thun)にあった外国人地区ホーフシュテッテン(Hofstetten)に最初のアトリエを開き、その後まもなく、ホテル・グルニゲルホーフ(Gurnigelhof)に、二つ目のアトリエを設けた。

人物写真家だったムグレ氏は、学校や結婚式などで人々を撮影してきた。また、山登りやスキーをしにきた観光客にも同行し、人々の思い出の瞬間をカメラに収めた。1938年12月の死去から数カ月後、ムグレ氏の住居やアトリエを片づける際に1万枚以上ものガラス板ネガも処分されることになったが、トゥーンの実業家ヴェルナー・クレープサー氏が一部を引き取った。このガラス板ネガは現在、ベルンの市民図書館(Burugerbibliothek)に保管されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。