Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

難民危機


国境を閉鎖する国 新たなルートを模索する難民


Stefania Summermatter, Kai Reusser


「シェンゲン協定と人の自由な移動を守る」。これが、難民危機に対しオランダで25、26両日開催中の欧州連合(EU)の内相理事会が出す最終目標だろう。こうした中、数カ国が難民の流入を防ぐためにすでに国境を閉鎖。一方、難民たちは新たな避難ルートを模索する。混乱は続いている。地図で詳しく見た。

 (swissinfo.ch)
(swissinfo.ch)

 過去数カ月で、オーストリア、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、スロバキアが国境審査を再開した。また、オーストリアは先週、年間の難民数の上限を決めると発表した。これによって、いくつかの国が同様の政策を決定する可能性がある。例えば、スイスもそうした国の一つだ。

 しかしこうした各国の独自の政策は、EUの経済統合の土台をなし、人や物などの移動の自由を定める「シェンゲン協定」に反し、この協定を新たに問題の中心に据えるものだ。

 また、国境閉鎖などを含むさまざまな試みにもかかわらず、難民の数は減る様子を見せない。それどころか、難民は新ルートを探っているように見える。2016年に入ってから4万6千人を超える難民が船でトルコからギリシャへ渡っている。

 アルバニアやモンテネグロを通過するルートも今後あると見る専門家もいる。さらに、リビアから相当数の難民が流出するという予想もある。


(仏語からの翻訳・編集 里信邦子), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×