Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

難民政策


ダブリン条約を支持するスイス その背景は?




難民の受け入れをめぐって欧州が揺れている。イタリアがダブリン条約の廃止を求める一方で、スイスや欧州各国はこの条約の重要性を主張し続けている。スイスがダブリン条約を支持する背景には、理由がありそうだ。スイスは、ダブリン条約を適用して2009年から最も多くの難民申請希望者を他国、特にイタリアへ送還してきた国だ。

 スイスは、難民申請希望者の主な最終目的地ではないが、2009~14年の間に最も多くの難民申請希望者を他国に送り返した国だ。こうした難民申請希望者の送還は1990年に調印されたダブリン条約に規定されており、スイスは08年12月に加盟。同条約は難民申請希望者が最初に入った国に、難民の登録、認定審査を義務付けたものだ。多くの難民が最初にたどり着く国は、ギリシャやイタリアだ。

 だが、ダブリン条約のもとでは全ての加盟国が公平であるとは言えないようだ。グラフでは各国間の難民送還数に著しい不均衡があることが分かる。

 6年間にスイスは、難民申請者全体の15%にあたる1万9517人を他国に送還。ちなみに難民の主な最終目的地であるドイツでは3%(1万8331人)、スウェーデンでは4%(9946人)と僅かだ。だが、反対に他国がスイスに向けて送還した難民申請希望者数は2523人に留まっている。

 次のグラフは、各国が他国から受けた難民申請希望者の送還受け入れ要請数と、ダブリン条約の適用により実際に受け入れた送還の数を示している。

swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×