ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

風刺画で振り返る2019年 風刺画家たちが見たスイスの2019年

「グリーンランドを買いたい」。風刺画家も顔負けの発言が米国の現職大統領から飛び出した2019年。スイスの風刺画家たちは鋭いペン先でどのように応戦したのか。

swissinfo.ch創立20周年を記念して行われたパネルディスカッションの席上、ブラジル人ジャーナリストのダニエラ・ピンヘイロさんは「狂気の沙汰」「エキセントリック」「ナンセンス」は今や政治における「ニューノーマル」だと発言した。だが国内外の政治風刺画家たちはそんな風潮をよそに今年も数々の秀作を生み出した。

フェリックス・シャード氏が描いたトランプ米大統領は、グリーンランドをもらえないからといって、執務室で小さな子供のようにすねている姿。ところが国務長官は抜け目なくボリス・ジョンソン英首相を招待済みだ。英国国旗を手にした英首相の到着を告げる一言は、「グレートブリテン島が今お買い得だそうです」。

もちろん現実はそう甘くない。権力者の愚かさを、それに輪をかけたナンセンスで切り返して暴き出す風刺画家自身にとってもこれは当てはまる。

今年それを思い知らされたのが仏語圏スイス在住で世界的に有名な風刺画家パトリック・シャパット氏。政治風刺画の世界では第一人者であるシャパット氏だが、伝統あるニューヨークタイムズ紙国際版という作品掲載の場を失った。

他の作者によるある風刺画をめぐって激しい議論が巻き起こったのが引き金となり、同紙は紙面から一切の政治風刺画を外すという決定を下したのだ。

しかも、公表したのはスイス人だった。シャパット氏はswissinfo.chのオピニオン記事他のサイトへで、当時の心境を振り返っている。

本記事ではそういった苦い現実も心に留めつつ、編集部が選んだ風刺画を元にこの1年間の政治を軽妙なタッチで振り返ってみたい。

風刺画で1年を振り返る通信博物館他のサイトへ(ベルン市)の企画「Gezeichnet 2019他のサイトへ」は今年で早くも12回目。期間は20年2月9日まで。

スイス全国の風刺画家約50人の作品200点以上が展示される。

スイスの有名な風刺雑誌ネーベルシュパルターが後援するこの展覧会には、年末年始にかけ毎年数千人が訪れる。

インフォボックス終わり

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。