Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

高齢者の貧困問題


スイスの年金生活者 意外に高い貧困率


 他言語で配信中:3  他言語で配信中:3
埋め込みコード

スイスで暮らす65歳以上の人の約16%が貧困層に分類される。その現状を探った (SRF/RTS/Julie Hunt, swissinfo.ch)。

この16%という数字は、国連、世界銀行、国際労働機関(ILO)やギャラップ世論調査のデータを元にした最新の「グローバル・エイジウォッチ指数」と、スイスの高齢者支援団体「プロ・セネクトゥーテ(Pro Senectute)」がはじき出したものだ。

スイスは国民1人当たりGDPで世界第3位なのに、である。

定年退職した人は全員が国民年金を受け、多くの人はそれに加えて厚生年金も受け取る。しかし厚生年金がない人の場合、追加の経済的支援が必要になることが多い。14年末の時点では、年金受給者約19万3千人が年金にプラスして補足給付金を受け取っていた。これは年金受給年齢の全人口の12.4%に相当する。老人ホーム入居者の2人に1人がこの補足給付金を受給していると推定される。

補足給付金の目的は最低限の生活を保障することだ。しかし、家賃と公共料金が01年比で約2割上昇したのに対し、給付金額はそれに合わせて調整されていない。連邦議会(国会)では、今後の年金財源について議論が続いている。