外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本原子力発電は30日、敦賀原発2号機(福井県敦賀市)で、1次冷却水約160リットルが噴き出すトラブルがあったと発表した。近くにいた作業員10人の衣服や顔に放射性物質を含んだ水がかかったが「けがや被ばくはない」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信