ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

11日は世界肥満デー スイスの子供、肥満増加に歯止め

お皿を持って並ぶ3人の男の子の写真

スイスでは太り気味の子ども向けの合宿もある。ランチは何かな?

(Keystone)

世界で子供の肥満が急激に増えているが、スイスではその傾向はあまりみられない。

 世界保健機構(WHO)が「世界肥満デー」の11日に発表した調査他のサイトへによると、5~19歳の肥満の青少年の数は過去40年で10倍に増えた。

 調査はWHOと英インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)他のサイトへが共同で実施し、英医学誌ランセットに発表他のサイトへしたもの。「この傾向が続けば、2022年には肥満の子供の数は痩せ気味・痩せ過ぎの子供を上回るだろう」と警告した。

 1975年、世界の青少年の肥満の割合は1%未満だったが、2016年時点では男児の8%弱、女児の6%弱で、合計1億2400万人に上った。さらに2億1300万人が太り気味だった。

 スイスでは男児の7%、女児の4.6%が肥満だった。隣国ドイツではそれぞれ11%と7%、米国では23.3%と19.5%だった。日本は男児が5%、女児が1.7%。調査を率いたICLのマジド・エザッティ教授によると、太り過ぎの子供の数は低・中所得国で増加傾向をたどり、高所得国では増加に歯止めがかかっている。

 エザッティ教授は発表文で「世界の食料市場や諸政策の影響で、健康的で栄養のある食べ物は貧しい家庭や地域にとっては高価すぎるという状況に陥っている。こうした傾向は青少年世代が肥満児として育ち、糖尿病などの疾患にかかりやすくなるとの予測に結び付く。健康的で栄養価の高い食べ物を摂る機会を家庭や学校でもっと作らなければいけない。特に貧しい家庭や地域にそうした措置が求められる。不健康な食べ物から子供を守るための規制や課税も必要だ」と指摘した。

 一方で、痩せ気味・痩せ過ぎの子供は世界全体で1億9200万人だった。

スイス人は健康的?

 スイスの生活で、何が子供の肥満を抑えているのだろうか。

WHOの広報担当ポール・ガーウッド氏はスイスインフォの取材に「スイスの子どもは学校で健康的な食事をしており、運動する機会も多い。都市では安全に散歩したりサイクリングしたりできる環境が整っている。放課後に学校の校庭も開放されている」と話す。「全体的に、国民の教育水準が高く健康問題への意識が強い」とし、スイスは「子供が体重管理の必要性を学ぶ良いお手本がある」とみる。

 実際、スイスの子供は歩いて通学するのが一般的で、減量が必要な子供を支援する団体もある。9月、連邦内務省とスイスの食品業界はヨーグルトと朝食用シリアルに含まれる砂糖の量を2018年末までに最大5%減らす自主協定に合意した。スイスの5~19歳の子供の約19%、幼稚園児の16.5%が太り気味だという。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×