ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

15日は国際民主主義デー 16、17年の各国の投票を振り返る

あるときは用紙、またあるときは指紋―。共通するのはどちらも投票にかかわるということ。票を投じる対象は候補者、政党、または憲法改正案とさまざまだ。民主主義の根幹を成す投票が行われているのは、全世界のほぼ半分に上る。15日の国際民主主義デーにちなみ、昨年と今年の各国の投票を振り返る。

 昨年、投票が行われたのは世界で72カ国。英エコノミスト誌の調査機関が各国の民主主義の水準を調べ、定期的に出している「民主主義指数」によれば、これら75カ国では完全か、もしくは一部完全な形での民主主義が実現した。

民主的に国の方向性を決めていくという点で見れば、投票は良いシステムだが、投票結果が本当に有権者の日常レベルまで反映されているかどうかは、全く別の話だ。その良い例が、アフリカでは優良な民主主義国家とされるケニアで行われた大統領選だろう。ケニアの最高裁は8月、大統領選の結果にノーを突きつけた。再選を果たしたウフル・ケニヤッタ大統領が不正に手を貸したというのが理由だった。

(独語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。