ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

1918年のゼネスト 「労働者は内戦を計画していると思う」

チューリヒ市の部隊を指揮したエミール・ゾンダーエッガー師団長が同僚と会話するシーン。これはドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)が製作したハンスユルク・ツムシュタイン監督の歴史ドラマ「Generalstreik 1918 - die Schweiz am Rande eines Bürgerkriegs(仮訳:ゼネスト1918―内戦の淵に立つスイス)」の一場面だ。この映画は歴史的資料に基づいているが、会話の一部は想像によるもので、実際にそのような会話が交わされたかは定かではない。この映画は「正義」と「悪」がほとんど区別されずに演出されている点で批判を受けたこともあった。(SRF/swissinfo.ch)

本文記事はこちら

(独語からの翻訳・鹿島田芙美)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。