ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「報道の不自由」 ルポルタージュフェスティバル 生中継

8月30日から9月1日まで、スイスの首都ベルンでは60カ国のジャーナリストが集まり、祖国での体験を語るイベントが開催されている。

 「ルポルタージュフェスティバル」他のサイトへでは50以上のイベントが行われ、ジャーナリストの視点をとおして 世界の問題に目を向ける。

そのうち2つのイベントは、このサイトで英語で生中継された。

 「報道の不自由」と題するパネルディスカッション他のサイトへは、8月31日13:15(日本時間20:15)から開催され、報道の自由が制限されているヨルダン、ロシア、中国のジャーナリストが自国での報道について語る。

また、デモクラシーついてのパネルディスカッション他のサイトへでは、台湾や香港で取材をしたジャーナリストが討論を行う。このイベントは9月1日11:45(日本時間18:45)からライブ中継される。

ノミネートされた39 人のジャーナリスト他のサイトへのうち1人には、栄誉を称え「トゥルー・ストーリー賞(True Story Award)」が表彰される。

スイスインフォswissinfo.chは、ルポルタージュフェスティバルのメディアパートナーとなっている。 

報道の不自由 在スイス外国人ジャーナリスト3人が語る「職業ゆえの亡命」

報道の自由は、自由な意見形成が行われるための前提条件だ。それなくして民主主義は機能しない。しかし、この自由が存在しない国もある。スイスインフォは、母国で迫害されスイスに逃れてきたコロンビア、イエメン、そしてアゼルバイジャンのジャーナリスト3人に話を聞いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。