ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

2019年ダボス会議 ダボス近郊に発着するプライベートジェット、過去最高の1500機に

プライベートジェット

ダボス会議の参加者はより大きなプライベートジェットを好む

(Keystone)

世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開かれているダボスの周辺空港では、今週だけで1500機近くのプライベートジェットが発着する見込みだ。

英チャーター機企業エアー・チャーター・サービス(ACS)が22日発表他のサイトへした。同社は2013年からダボス会議中のチャーター機の発着を調べている。18年は前年比11%増の1300機で、過去最高だった。今年も記録を更新する勢いだ。

≫日本の新政府専用機 内装はスイス製

ACSのプライベートジェットディレクターを務めるアンディ・クリスティー氏は、「昨年同様に増えるとすれば、6日間で約1500機が見込まれる」とコメントした。

ダボス自体には空港がなく、多くの出席者は近くの空港からヘリコプターで現地入りする。クリスティー氏によると、ダボス会議の参加者のプライベートジェットは、チューリヒ、デューベンドルフ、ザンクト・ガレン・アルテンライン、サン・モリッツの4空港に多く発着する。

プライベートジェットで入国するのはドイツ、フランス、米国、英国、ロシア、アラブ首長国連邦(UAE)からの参加者が多いという。

「当社では、遠くは香港やインド、米国から予約を受けた。これほどグローバルに人々を引き付けるイベントは他にはない」(クリスティー氏)

ジェット機の種類はガルフストリームVやグローバル・エクスプレスなど、大型機を好む参加者が増えている。クリスティー氏は「飛距離が長いのも一因だが、ビジネスのライバルに負けたくないと張り合っている面もある」と解説した。

気候変動

だがプライベートジェット機の増加は、ダボス会議が議題としている気候変動対策にそぐわない流れだ。WEFが約1000人の意思決定者を対象に調査したグローバルリスク報告書では、今後10年の最大の脅威に異常気象や気候変動対策の失敗が挙がった。

WEFは温室効果ガスの排出は、環境対策によって相殺されると指摘する。今回のダボス会議に電車でやって来る参加者には、交通費が一部払い戻される。

WEFの世界公共財の責任者であるドミニク・ウォーレイ氏は、AFP通信に対し、「プライベート機の大半は、効率・安全を求めて政治家が利用するものだ」と話した。「セキュリティ対策として有効だが、やはり埋め合わせが必要だ」

SDA-Keystone/ac

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。