Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

山の事故


邦人男性、スイス南部を下山中に転落死


説田英香、外電


スイス南部のヴァリス(ヴァレー州)で今月7日、日本人男性(57)がツィナールロートホルンの下山中に標高3930メートルの地点から滑落する死亡事故が起きた。

 転落した男性は氷河に体を打ちつけ、その場で救急隊により死亡が確認されたと、ヴァリス州の警察が発表した。

 日本の在ジュネーブ領事事務所によると男性は旅行でスイスに来ていたという。しかし、それ以上の情報を得ることはできなかった。

 先週末には日本人男性を含め、少なくとも5人がアルプス山脈で死亡する事故が起きた。そのうち2人はスイス人男性でそれぞれ別の山で転落死、他2人は4日から行方がわからなくなっていた英国人男性で、彼らはマッターホルンで凍死しているのが発見された。

 スイスでは山の死亡事故が多い。先月の11日にも同州のモンテ・モロ峠を登山中の日本人男性(73)が15メートル下の斜面に転落し、死亡する事故が起きている。

 スイスアルペンクラブの統計によると、2015年に山中で起こった死亡事故の数は213件と14年の162件に比べて増加している。そのうち山でのスポーツ中に起こった死亡事故は142件で、中でも登山中の死亡事故が91件と圧倒的に多い。15年には山中で起きた日本人の事故は2件だった。


メールアドレスをご登録いただいた方に、トップ記事を配信しています。是非ご登録ください。

swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×