Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

山の事故


73歳邦人男性転落死 スイス南部登山中


大野瑠衣子、外電


10日午前10時半頃、スイス南部ヴァリス(ヴァレー)州のモンテ・モロ峠を登山中の日本人男性(73)が15メートル下の斜面に転落。救助隊が駆け付けたが、その場で死亡が確認された。ヴァリス州の警察が発表した。

 警察の発表によれば、事故現場は標高約2600メートルの「テリボーデン」と呼ばれる場所で、イタリアとスイスの国境をまたぐモンテ・モロ峠とサース・アルマゲルの間に位置する。なぜ転落したかは明らかになっていない。日本の在ジュネーブ領事事務所はスイスインフォの取材に対し、死亡した日本人男性の身元の確認後、家族に連絡したと話した。

 男性はほかの日本人2人とともにイタリアのマクニャーガから入山。サース・フェーまで登山予定だった。

 スイスでは山の死亡事故は多い。スイスアルペンクラブの統計によれば、2015年は142人が山で命を落とした(内訳:男性114人、女性28人/スイス人82人、外国人60人)。最も多いのは登山中の事故で、事故原因は転落が最多。

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×