ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

技術革新 自動運転、ドローン、バイオベンチャー…スイスのベスト・スタートアップ企業

氷の中を飛ぶドローン

これまでアクセスできなかった場所を飛べるこのドローンはイノベーション賞を獲得

(starup.ch)

妊娠しやすい時期を予測するアームバンド、自動運転車用のソフトウェア、実験室で製造された人間の皮膚…これらは5日発表されたスイス・スタートアップ・トップ100アワードで表彰された最新技術だ。

 スタートアップ企業は、スイス経済の技術革新力のリトマス試験紙だ。最新の技術やアイデアを使って大きく成長する。スイスが国連の世界知的所有権機関(WIPO)他のサイトへの算出するグローバル・イノベーション・インデックス他のサイトへでトップの座を占めるのもスタートアップ企業の活躍あってのことだ。

 毎年開催されるスタートアップ・トップ100アワード他のサイトへはスイスのイノベーション動向を知る絶好のチャンスだ。今年の候補企業のほぼ半数がチューリヒ州に、25%がフランス語圏のヴォー州に本社がある。最終選考に残った10社のうち9社もこの2州が拠点だ。

 それはこの2州でいかに絶えず技術革新を生み出しているかを反映する。またチューリヒとヴォー州ローザンヌにある2校の連邦工科大学の存在力も映し出す。

 近年、両大学とも研究を実体経済に結びつけようと注力する。スタートアップ企業や起業家、学生を支援するためのさまざまなプログラムも立ち上がった。

 今年のトップ100を席巻したのも同大学の強みであるIT、バイオテクノロジー、医療技術の分野だ。医療・医薬品はスイスのお家芸でもある。一方、近年多くのフィンテック関連企業が創設されているにも関わらず、ブロックチェーン分野の存在感は薄かった。

 受賞者の選考は連邦工科大学を始めとする高等教育機関が協力して立ち上げたベンチャー支援プログラム「ベンチャーラボ」が担った。

2018年のベストスタートアップ企業5社

Ava  他のサイトへ

昨年も首位を獲得したチューリヒの企業が開発したのは「排卵日予測アームバンド」。女性が月経周期内で妊娠するのに最適な期間を90%の精度で予測する。

特許取得済みのマルチセンサー技術を使用して、睡眠中の体温や脈拍数、呼吸数、睡眠相など九つの生理的パラメータを測定。米国で既に大ヒットし、現在はヨーロッパや中国にも広がっている。

Bestmile他のサイトへ

2014年にローザンヌで創業。自律走行自動車を管理するためのクラウドサービスを提供する。自動運転車をリアルタイムで監視・制御し、最適な走行ルートを選んだり技術的な故障を検出したりする。その技術は既にフランス語圏のいくつかの都市を走る自動運転バスに使われている。

Lunaphore他のサイトへ

2014年4月創業。連邦工科大学ローザンヌ校の医療研究所からのスピンオフ事業で、主に腫瘍を解析・分類できる組織診断システムを開発した。このプラットフォームは、分析のスピード・精度を上げるマイクロ流体チップテクノロジーをベースにしている。

Flyability他のサイトへ

壊れたり環境に害を与えたりすることなく、人間が入れない場所、または閉ざされた空間を飛行できるドローンを開発。石油やガス、鉱物の採掘現場や公益事業分野など数多くの用途がある。

Cutiss他のサイトへ

チューリヒに拠点を置くバイオエンジニア。皮膚組織の小さなサンプルから人間の皮膚を作る技術を開発。特に火傷の患者に有効で、治療後の傷跡や痛みが格段に小さくなる。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。