法律 スイス政府、自転車の警音器装備の義務を廃止


スイス政府は1月より、自転車の警音器(ベル)装備義務を廃止した。これまでは車重が11キロを超える自転車には「音がよく聞こえる警音器」の装備が義務付けられており、違反した場合には20フラン(約2300円)の罰金が課されていた。しかし、近年では自転車のフレーム素材などの改良により、車重が軽量になっているという現状を踏まえ、規定が廃止された。

スイス政府は1月より、自転車の警音器(ベル)装備義務を廃止した。これまでは車重が11キロを超える自転車には「音がよく聞こえる警音器」の装備が義務付けられており、違反した場合には20フラン(約2300円)の罰金が課されていた。しかし、近年では自転車のフレーム素材などの改良により、車重が軽量になっているという現状を踏まえ、規定が廃止された。

(Keystone/Photopress/Walter Studer)

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×