ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

第44回シュヴィンゲン&エルプラーフェスト2016 スイス相撲大会、30歳のグラネールさんが王者に



観客の歓声に応えるマティアス・グラネールさん

観客の歓声に応えるマティアス・グラネールさん

(Keystone)

8月最後の週末にかけ開催されたスイス相撲大会で28日、マティアス・グラネールさん(30)が王者に輝いた。30歳の勝者は1940年以来のできごとだった。

 最終試合では、グラネールさんが相手のアルモン・オルリックさん(21)に抱えられてグルグルと数回も回転させられるという場面もあった。しかし、最終的にはグラネールさんの方が、オルリックさんの肩をおがくずの地面につけ、勝利を決めた。   

 グラネールさんはベルンに住む体育の先生。ベルン出身者が過去2回とも王者の座についた点は今回も同じだが、一つ違うのはグラネールさんの「高」年齢だった。今までの76年間、勝者はいつも30歳以下の「幼い若者」だったからだ。

 そしてグラネールさんが賞品として受け取ったのは、伝統に従い、雄牛一頭だった。

 スイス相撲や「石投げ」など、アルプス地方の伝統スポーツが行われる「連邦シュヴィンゲン&エルプラーフェスト」は、3年ごとに開催され、国民が一丸となって盛り上げる大祭典。今年の第44回大会は、26日からの3日間で予想を超える計28万人の観客を集め、大成功のうちに幕を閉じた。


(仏語からの翻訳&編集・里信邦子), swissinfo.ch &外電

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×