文化

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

騒音問題 教会の鐘、夜間も可 スイス最高裁

​​​​​​​ スイス・ローザンヌにある連邦最高裁判所が13日、教会が夜間も鐘を鳴らすことを認める判決を下した。夜間の鐘を減じるよう命じた地方裁判所の判決を棄却した。

スイスのパイオニア(2) 技術の限界へ挑戦 世界一高いビルを設計した建築家カラトラバ氏

スイス国籍を持つスペイン人の建築家、サンティアゴ・カラトラバ氏はチューリヒのオフィスで数々の建造物を生み出してきた。過去30年以上に渡り建築史に名を残してきたカラトラバ氏は、現在アラブ首長国連邦ドバイで新たな超高層展望タワーを手掛ける。

テニス界のスター フェデラー、再びスイスの「スポーツ選手大賞」に

ロジャー・フェデラー選手(36)が、スイスの今年のスポーツ選手大賞(男性部門)に選ばれた。フェデラー選手が選ばれるのは9回目。今年は全豪オープン戦やウィンブルドン選手権のほか、5つの男子プロテニス大会で優勝し、素晴らしいカムバックを果たした。

スイスのクリスマス 郵便局に届くサンタクロースへの手紙 返事を書いているのは誰?

スイスの郵便局には毎年、サンタクロース宛ての手紙がたくさん届く。

オークション ホドラーの絵画に4.9億円

スイス人画家、フェルディナンド・ホドラー(1853~1918年)がトゥーン湖を描いた絵画が5日、オークションで430万フラン(約4億8800万円)で競り落とされた。

フランスのロック歌手 「スイス住民」だったジョニー・アリディさん

5日にがんで亡くなったフランス人ロック歌手・ジョニー・アリディさんはスイスのフランス語圏でも絶大な人気があった。節税目的でスイスに住んだ時期もあった。

チューリヒで寒中水泳大会 川に飛び込むサンタ

スイス・チューリヒで3日、聖ニコラウス寒中水泳大会(Samichlaus-Schwimmen)が開かれた。水着とサンタの帽子だけを身にまとい、324人がチューリヒ湖に注ぐリマット川に飛び込んだ。

プライベートバンク ロンバー・オディエの新社屋建設へ スイスの建築家ユニットがデザイン

スイスのプライベートバンク大手ロンバー・オディエは、ジュネーブにある本社を近郊の湖畔に移転し、新社屋で新たなスタートを切る。新社屋のデザインを手がけるのは世界的にも名を知られるスイスの建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロンだ。 ...

伝統文化の融合 スイス人デザイナーの手がける日本刀 欧州に日本の伝統技術を発信

濃い茶色の鞘(さや)に、ピンクゴールドのらせんが絡む。モダンな外見とは裏腹に、刀身は室町時代から続く岐阜県関市の刀匠が打った生粋の日本刀だ。世界の美術品愛好家向けに限定12本で年内にも発売予定の「Honsekito(本関刀)」。デザインしたのは、スイス西部のル・ヌーヴヴィル(ベルン州)を拠点と...

スイスの伝統行事 360度動画で見る「玉ねぎ市」

今冬もスイスの首都ベルンで「玉ねぎ市(Zibelemärit)」が開催され、多くの人で賑わった。この伝統的なスイス農家のお祭りを動画であらゆる角度から見てみよう。

スイスで親しまれる和食

うどん、お好み焼き、牛丼。和食と言えば「寿司」しかなかった時代はもう古い。多文化国家でありながらやや保守的なここスイスでも、日本への旅行者増加などを背景に和食メニューが多様化している。スイスの和食愛好家にインタビューした。

シャンデリアでライトアップ ローザンヌでクリスマスマーケット

直径12メートルの巨大シャンデリアを舞台に音楽隊やアクロバットが観客の頭上を舞う。スイス西部、フランス語圏ローザンヌのクリスマスマーケット「ボ・ノエル(BÔ NOËL)」が開幕した。 ...

チューリヒのミグロ現代美術館 人間とアートが融合 アイ・ウェイウェイらの作品展

人間の体を「付属(extra)」ととらえて自身のアートに添える潮流は1990年代初めに始まり、2000年以降にますます人気が高まった。中国の現代芸術家アイ・ウェイウェイら著名な芸術家たちによる、人間とアートを融合させた作品展「Extra ...