文化

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

「最後の事件」の舞台、スイス・マイリンゲン 翻訳者、東山あかねさんが想像したシャーロック・ホームズ像

​​​​​​​ 英国の小説家アーサー・コナン・ドイルは19世紀末、スイス中部にある小さな町マイリンゲンを訪れ、水が轟き落ちる偉大なライヘンバッハの滝つぼを見て、名探偵シャーロック・ホームズのクライマックスをこの場所に決めた。そして1893年にこの滝を舞台にした『最後の事件』を出版した。 ...

ベストタレント賞受賞アーティスト スイスのインディーズバンドYOKKO 音楽シーン席巻

スイスの音楽シーンをにぎわせているインディーズバンドがある。その名もYOKKO。美しいメロディーラインと力強いボーカルを武器に、結成からわずか3年で国内の主要なミュージックアワードを受賞、活動の拠点をスイス国外に広げるなど活躍している。バンド名は、実は日本からインスピレーションを得たという。 ...

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイス原産の大型犬 セント・バーナードの子犬、今年は32匹 記録更新

スイス南西部ヴァレー州マルティニにあるセント・バーナード犬の繁殖施設「Fondation Barry」で今年生まれた子犬が32匹を数え、記録を更新した。 セント・バーナードはスイス原産の大型犬で、救助犬として有名。イタリア国境のサン・ベルナール峠にある修道院の修道士たちが、 ...

メディアと民主主義 メディア業界に激震 14紙で主要ニュースを一本化

スイスのメディア企業最大手・タメディア(Tamedia)は8月23日、傘下の新聞14紙の編集部を2つに統合すると発表した。

ランドアート スイス・モントルーの山に巨大な女の子の絵が出現

スイス西部レマン湖畔のモントルーに程近いロシェ・ド・ネイユ山の斜面に10日、本を読む女の子を描いた巨大なランドアート「未来の物語(A story of the future)」がお目見えした。

ウンシュプネン祭 12年に一度の祭 スイスの伝統種目に観客も挑戦

12年に一度開催されるスイスの伝統行事「ウンシュプンネン祭」が3日 、全日程を終えて幕を閉じた。同祭ではスイスの伝統種目を観客が体験できるコーナーも用意され、観光客も挑戦した。

多言語国家スイス スイス人ラッパーGREIS、バイリンガル賞を受賞

二言語・多文化の相互理解と共生に貢献した人物に贈られる「バイリンガル賞」の授与式が1日、ビール市で行われ、スイス人ラッパーのGREISが受賞した。GREISはスイスのフランス語圏に生まれ、数年前からドイツ語圏で活動。音楽活動では敢えてスイスドイツ語を前面に押し出している。

コーヒーから横断歩道の違いまで アメリカ人がスイスを訪れて驚きがちな12のこと

今年、スイスを訪れるアメリカ人観光客は90万人を超えると予想されている。そのアメリカ人たちがスイスに来て驚くことは何だろう?  筆者は最近、米ニューイングランド地方に旅したが、そこで実感したのはスイスとアメリカ(それにカナダ)の間には、まだまだ文化的に多くの違いがあるということだ。 ...

ウンシュプンネン祭 盗まれた大会公式の石、受難の歴史

スイス中部のインターラーケンで26日から開かれている伝統行事「ウンシュプンネン祭」。目玉の一つは各地の腕自慢が83.5キログラムの石を投げて飛距離を争う石投げ大会だ。ところが、200年前から競技で使われ、大会のシンボルだった...

地下のスイス 「コンクリートの天井に守られたい」 地下へと向かうスイス人

スイスで4月に出版された「Die Schweiz unter Tag(地下のスイス)」は、岩壁の中の政府官邸ができるまでの歴史を写真とともに紹介した本だ。著者でスイス人歴史家のヨスト・アウフデアマウアー氏は、本書の執筆にあたり行った地下を巡る旅がスイスについて新たな視点をもたらしたと話す。

世界最古? 142年前のチーズ 「食べても大丈夫」

スイス南部ヴァレー州の山村に、142年前に作られたチーズがある。持ち主の男性がスイスのニュースメディアに語ったところによると、1875年製のビンテージチーズは男性の祖母が存在をすっかり忘れ、最近まで地下室に置きっぱなしになっていたためにできた偶然の産物だった。食べても問題ないという。 ...

アクリ・堀本バレエアカデミー ローザンヌ国際バレエ2017入賞者、山元耕陽さん バレエ留学でスイスへ

今年のローザンヌ国際バレエコンクールで4位だった山元耕陽さんが、入賞して獲得した奨学金と1年間の留学の権利を使って、8月末からスイスのチューリヒ・ダンス・アカデミーへ留学する。留学に向けて体を鍛える山元さんと、過去15年間ローザンヌのコンクールに生徒を参加させ、...

古代の墓 工事現場で青銅器時代の戦士の墓見つかる

スイス南部ヴァレー州シオンの建設工事現場から、青銅器時代の戦士の埋葬地が見つかった。成人男性の遺体の一部のほか、剣、装飾品、かみそりなどが埋葬されていた。青銅器時代後期の紀元前850~400年のものとみられる。周辺では、青銅のネックレスなどを身につけた女性2人の遺体も発掘された。...

聴衆はあなた一人だけ 世界最小のコンサートホールでピアノの調べ堪能

あなただけに贈るピアノのクラシックコンサート―。スイス東部ダボスで5日から始まった若手演奏家らのコンサートフェスティバルで、ピアニスト一人と聴衆一人だけの「世界最小のコンサートホール」がお目見えし、来場者が自分だけのピアノの調べに酔いしれた。同フェスティバルではオールナイトの演奏会など、...