文化

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

シリーズ「私たちは在外スイス人」 「柔軟性に欠ける」 日本で働くスイス人女性が労働環境を語る

短期研修をきっかけにスイスから日本へ飛び立って以来、日本で働き続けるジャクリーン・チュミさん(32歳)。5年の月日が流れた今、彼女が一目ぼれした日本での日常生活で感じること、労働環境について話を聞いた。 スイスインフォ: 日本に行こうと決めたきっかけは何ですか? ジャクリーン・チュミ: ...

シリーズ「宗教改革から500年」 「血みどろの殴り合い」で旧暦を死守

「正しい暦」をめぐるカトリックとプロテスタントの対立は、スイスでは200年以上続いた。スイス最後の自治体がようやくグレゴリオ暦に切り替えたのは1812年のことだ。1796年か97年のある日、「イランツでグレゴリオ暦の支持者が村の教会に乱入し、祈りに使う木製ベンチを引きはがし、ズタズタに切り刻ん...

ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭 スイス・ヌーシャテルに山﨑賢人の「スタンド」発現 「ジョジョ」世界初上映

山﨑賢人が演じる « ジョジョ »の「スタンド」がついにスイス・ヌーシャテルに現れた!6月30日から開催されているヌーシャテルの国際ファンタスティック映画祭で、荒木飛呂彦の人気コミックを映画化した作品「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が7月2日、...

実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 三池崇史監督が観たヌーシャテル映画祭でのワールドプレミアと主役の山﨑賢人

完成したばかりの映画を、スイスの小さな町ヌーシャテルで世界最初に上映し、主役の山﨑賢人にとって初めての映画祭で、観客に迎えられ、「作品が自分を日本から外に連れ出してくれるという感覚」を味わった。映画祭を体験しての感想と山﨑賢人の役柄について、三池監督が語る。

実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 三池崇史監督が語る「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部実写化と撮影の様子

「ジョジョの奇妙な冒険」の中で唯一日本が舞台である第4部を実写化した三池崇史監督。話の舞台である日本の町・杜王町をどのようにキャスティングし、また、なぜスペインのシッチェスで撮影したのかを語る。