ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

Prix de Lausanne 新型コロナウイルスの影響、ローザンヌ国際バレエコンクールにも

Prix de Lausanne2020
(Gregory Batardon)

3日、ローザンヌ国際バレエコンクールの審査初日に、25カ国から参加者77人が集まった。中国・武漢市の新型コロナウイルスによる影響で、中国・遼寧省の生徒3人が出場を辞退した。

第48回ローザンヌ国際バレエコンクールが2日から始まった。ビデオ審査に合格した27カ国の84人が出場を予定していたが、怪我や学校の都合で7人が辞退。主催者によると、中国からは10人がコンクールに参加予定だったが、中国・遼寧省の生徒3人は、新型コロナウイルスの感染拡大による規制措置の影響を受け、生徒が所属する学校側が参加を見送った。

中国・北京と香港からスイスへ来た7人の中国人ダンサーは、健康で新型肺炎の症状が見られず、コンクール顧問医師の診断を受け、出場が認められた。

現時点で、新型コロナウイルスへの感染症例はスイスでは報告されていない。スイス航空などが中国本土への運航を月末まで停止し、空港では感染予防のため監視を強化しているが、出入国制限措置はとっていない。

バレエコンクールは、9日まで。決戦は8日に行われる。現在、スイスで一番古いローザンヌのボーリュ劇場の改装工事のため、今回と来年のコンクールは、ローザンヌから約30キロメートル東にあるモントルーで開催される。

特集

ダンサーの登竜門 ローザンヌ国際バレエコンクール

若手ダンサーの登竜門として世界的に有名な「ローザンヌ国際バレエコンクール」。本特集では、コンクールの結果をはじめ、芸術監督、振付家や参加者へのインタビュー、ビデオ、写真のルポなど多岐にわたって最新ニュースをお伝えします。ライブ配信では臨場感あふれるコンクールの舞台裏のようすをリポートします。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。