鉄道トンネル

アルプス山脈を貫くベーストンネル ベーストンネル建設 計画から完成までの民主的な長い道のり

世界最長の鉄道トンネルを列車が時速200キロで駆け抜けるようになって1年。だが、同トンネルの建設を含むアルプス縦断鉄道計画が国民投票で承認されたのは、25年も前の今日、1992年9月27日だった。

ゴッタルドベーストンネル 運用開始から2カ月の世界最長鉄道トンネル、定時性確保などの課題も

世界最長の鉄道トンネル、ゴッタルドベーストンネルの本格的な運用が始まってから約2カ月。これまですでに数千本の列車がトンネルを通過し、多くの乗客に利用されている。だが、まだ定時運行などの面で課題が残っているようだ。 ...

スイスの山岳地帯を走る アルプス絶景の旅、歴史を誇るゴッタルド鉄道 その魅力とは?

12月11日、いよいよ世界最長(57キロメートル)の鉄道トンネル「ゴッタルドベーストンネル」の本格的な運用が開始される。列車がアルプス山塊の基底を通り抜けるには20分ほどしかかからなくなる。だが同時にそれは、乗客が美しいアルプスの風景を目にする機会がなくなることも意味する。ゴッタルドにはすでに...

さらに表示

道路トンネル

2016年2月28日の国民投票 ゴッタルド 第2道路トンネル計画をめぐる激しい議論

老朽化が進むゴッタルド道路トンネルは補修の必要に迫られている。工事の間も、南北を結ぶ重要な交通路の機能を保障するため、連邦政府は第2道路トンネルの建設を提案。だが、反対派は交通量や環境にかかる負担の増大を懸念している。この案件は2月28日の国民投票にかけられる。

ゴッタルド神話

ゴッタルドを歩く

ゴッタルド峠は、古代から存在が知られていたにもかかわらず、その重要性が増したのは18世紀初頭になってからだった。今日では、アルプスの北と南を結ぶ主要な交通路となっている。(写真・Carlo Pisani、swissinfo.ch)

石霊

マルクス・ビューラー氏がゴッタルド周辺の風景と人を撮影。 ...

スイス連邦の象徴 ゴッタルド峠

新ゴッタルド基底トンネルが貫通する10月15日は、建設にかかわった全ての鉄道関係者にとって栄光の日になる トンネル貫通の記念祝賀祭は、スイスのアイデンティティーを色濃く表現したものになる。「ヨーロッパの屋根」アルプスはスイス連邦建国の伝説が誕生した場所だ。 オーラの輝き ...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トンネル・ツアー 360度動画で見るゴッタルドベーストンネル

2016年6月1日についにスイスで完成した、世界最長の鉄道トンネル「ゴッタルドベーストンネル」。スイスのトンネル史上に残るゴッタルドベーストンネルの舞台裏を、360度動画でご紹介します。 ...

スイスが誇る世界最長のトンネル ついに開通、ゴッタルドベーストンネル 全情報をあなたに

17年の歳月をかけついに完成した、世界最長のゴッタルドベーストンネル。その開通式が今日6月1日、ドイツのメルケル首相やイタリアのレンツィ首相を含む1000人以上の来賓を迎え行われた。スイスインフォでは、このトンネルに関する「全ての情報」をビデオでお届けする。(文・里信邦子 制作・Carlo ...

ゴッタルドベーストンネルの内部構造

鉄道用トンネル「ゴッタルドベーストンネル」(ゴッタルド基底トンネル)が2016年6月1日に開通する。この世界最長の鉄道用トンネルの内部構造を、映像で紹介する。