最新記事

ティトリス 中央スイスのティトリス山頂にガラスのタワー建設

中央スイスにある人気観光地、ティトリス(標高3028メートル)を更に魅力的にする計画が発表された。技術的設備用に建てられた現存のタワーに鋼とガラスのタワーが増築される。プロジェクトの予算は1億スイスフラン(約113億円)。 ...

このコンテンツは2018/11/08 11:51に配信されました

アイガー北壁「日本直登ルート」開拓50周年 隊長自らカメラに収めた前代未聞の挑戦

1969年夏、ジャパン・エキスパート・クライマーズ・クラブ(JECC)のメンバー6人が、アイガー北壁に新ルートを開拓。そのルートは「Japaner Direttissima(日本直登ルート)」と名付けられた。「赤い壁」と呼ばれる難所を通る直登ルートは前代未聞の挑戦だった。

進む氷河の融解 消えゆくスイスの氷河 2018年の異常気象で更に縮小

スイス科学アカデミーが16日に発表した最新の調査で、猛暑などの不安定な天候によってスイスの氷河が更に縮小したことがわかった。

登山者の死亡事故 マッターホルンで4年前に行方不明になった日本人登山者 遺体発見

ヴァレー(ヴァリス)州警察は1日、マッターホルンで4年前から行方不明になっていた日本人男性の登山者の遺体を発見したと発表した。 ...

このコンテンツは2018/10/01 17:26に配信されました
さらに表示

マッターホルン

登山者の死亡事故 マッターホルンで4年前に行方不明になった日本人登山者 遺体発見

ヴァレー(ヴァリス)州警察は1日、マッターホルンで4年前から行方不明になっていた日本人男性の登山者の遺体を発見したと発表した。 ...

このコンテンツは2018/10/01 17:26に配信されました

マッターホルン ツェルマットに新ロープウェー開通 待ち時間短縮へ

スイス南部・ヴァレー(ヴァリス)州のツェルマットで29日、新しいロープウェー「Matterhorn Glacier Ride」が開業した。

このコンテンツは2018/10/01 13:00に配信されました

山の事故 マッターホルンで日本人登山客死亡

スイスアルプスのマッターホルンの標高約4100メートル地点で14日早朝、日本人の登山客の男性(67)が死亡しているのが見つかった。ヴァレー(ヴァリス)州警察が19日、発表した。

さらに表示

アイガー

アルペンスポーツ トレイルランニング天国スイスの魅力を紹介します

山岳を走るトレイルランニング(トレラン)の人気はうなぎ登りだ。スイスにある無数の山道や息を飲むような眺め、そして奥深い谷に至るまで行き渡る公共交通網は、山岳スポーツの新たな理想郷の開拓にぴったりだ。米国人のダグ・マイヤーさんは最近出版した著書で、その魅力をあまねく世に広めようとする。

メタノイア アイガー北壁 伝説のスイスルート、再び

難所として知られるアイガー北壁。中でも「メタノイア」ルートは、伝説の米登山家ジェフ・ロウさんが初登を果たしたのち、四半世紀にわたって第2登者が現れないままだった。 ...

アルプスの名峰 魅力溢れる「死の壁」、アイガー北壁

アイガー北壁、またの名を「死の壁」。非常に困難で危険な北壁として世界的に知られた存在だ。困難と知りつつも、もしくは困難だからこそ登攀に挑む登山家は多く、現在日本でも女性タレントの挑戦をきっかけに関心が高まっている。そこでスイスインフォはこれまでのアイガー北壁に関する取材記事を振り返るとともに、...

さらに表示

ユングフラウ

スイスの観光名所ユングフラウヨッホ ヨーロッパ最高地点の鉄道駅でトイレを流すとどうなる?

スイスで最も標高の高い地点にある観光名所ユングフラウヨッホでは、100万人を超える観光客のための水・食べ物・酸素はどのように賄われているのか?舞台裏に迫った。

スイスの観光スポット ユングフラウヨッホ、チャップリンが氷像でお目見え

ヨーロッパ最高の標高3454メートルに鉄道駅があるスイスアルプスのユングフラウヨッホ。年間100万人の観光客が訪れるユングフラウヨッホに7日、チャップリンの氷像が登場した。

開通から100年 ユングフラウ鉄道はいまだトップ!

ベルナーオーバーラント(Berner Oberland)地方にそびえる名峰ユングフラウ。その鞍部(あんぶ)に建設されたユングフラウヨッホ鉄道が今年8月1日の建国記念日に、全線開通から100周年を迎える。ヨーロッパで一番標高が高い駅としての地位は今でも不動だ。 ...

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ