Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ソーラー・インパルス 世界一周の旅

ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんが操縦桿(かん)を握るスイスの電動飛行機「ソーラー・インパルス2」が世界一周飛行を達成。太陽光エネルギーを動力とした飛行機では世界初となった。

ソーラー・インパルス 世界一周の旅 2016
「今後クリーンテクノロジーをさらに発展させるため、色々な製作プロジェクトも展開し、その一環でドローン製作も視野に入れている」と話す、ベルトラン・ピカールさん(左)とアンドレ・ボルシュベルクさん

独占インタビュー 第2弾

ソーラー・インパルス 今後クリーンテクノロジーを世界で推進、ドローン製作も視野に

今年7月、太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス2」が世界一周飛行を完了し、120時間ノンストップ飛行が太陽光エネルギーだけで可能だと証明した。独占インタビュー第2弾では、ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんという2人の企画者・操縦士に、クリーンテクノロジーが世界にどう伝わった...

「ソーラー・インパルス2は、化石燃料を使わず、騒音もない世界で唯一つの特別な飛行機。アブダビでそのエンジンを切ったとき、涙が溢れるような感情に襲われた」と、ベルトラン・ピカールさんは話した

独占インタビュー 第1弾

ソーラー・インパルス2の世界一周飛行完了 今だから聞ける感動や危機のとき、そして挑戦の哲学

白色の光の直線が夜の闇をゆらりゆらりと揺れながら2016年7月26日、アブダビ空港に近づき、止まった。それは、太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス2」が危機を何度も乗り越え、世界一周飛行を終えた瞬間だった。それはまた、企画者であり操縦士でもあるベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルク...

Despite a few clouds along the way, the adventure was a blue-sky triumph.
さらに表示
ソーラー・インパルス 世界一周の旅 2015
Safe and sound: Si2 in its hangar in Hawaii, where it will spend the winter

技術と人間の限界を超える挑戦

ソーラー・インパルス2 来春に再出発、 パートナー企業の支援は?

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2は1カ月前の7月3日、日本・ハワイの5昼夜ノンストップ飛行目標を貫徹しハワイに降り立った。しかし、飛行中過度に断熱したためバッテリーがオーバーヒート。その損傷は大きく、世界一周の旅は、ほぼ半ばで中断。来春までハワイにとどまることになった。しかし、延期には...

The daily ascent and descent along with the tropical climate proved too much for the plane's batteries

バッテリーの過熱

ソーラー・インパルス2、2016年春までハワイに留まる見込み

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2は、太陽光エネルギーだけで世界一周を成し遂げるという世界記録を、今年中に達成できない見通しとなった。名古屋からハワイまでの飛行中に過熱したバッテリーの修理が必要になったためで、同機がハワイを再出発するのは2016年の春ごろになるという。

今回の区間を飛行した操縦士のアンドレ・ボルシュベルクさん(右)と、ハワイでボルシュベルクさんを迎えたもう一人の操縦士、ベルトラン・ピカールさん

飛行時間・距離で新記録達成

ソーラー・インパルス2 名古屋からハワイに到着

電動飛行機ソーラー・インパルス2は3日、目的地のハワイに到着した。名古屋を出発してからほぼ5日間、ノンストップで太平洋を横断し、電動飛行機の飛行最長距離および飛行最長時間の記録を塗り替えた。 ...

さらに表示
ソーラー・インパルスの挑戦 ~2014
ベルトラン・ピカールさん(右)とアンドレ・ボルシュベルクさん(左)。ソーラー・インパルスの公式写真を使用する場合は、そこに映っている企業ロゴを消したり、修正してはならないと決まっている

企業パートナーシップ

ソーラー・インパルス 企業が支援する理由とは

ベルトラン・ピカールさんは今、大忙しだ。太陽光エネルギーで飛ぶ飛行機「ソーラー・インパルス」プロジェクトで注目を浴びているからだ。機会さえあれば、スポンサーたちはこぞって、この世界記録保持者である飛行家のもとへと押しかける。なぜスポンサーやパートナー企業は、これほどプロジェクトを重要視するのか...

出番を待つ

ソーラー・インパルス、ハイテク素材を駆使

クレール・オデア, ローザンヌにて

太陽電池だけで初の世界一周を試みる飛行プロジェクト「ソーラー・インパルス」。現在アメリカで、今後の指標となる一連のテスト飛行を行っている最中だ。一方スイスでは、新しい試作機で使用するより軽量な最先端材料の研究が進んでいる。 ...

ソーラー・インパルス2

操縦士ベルトラン・ピカールさん「ついに成し遂げた」

ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんが、太陽エネルギーのみを利用した飛行機「ソーラー・インパルス2」での世界一周飛行に成功した。ベルトラン・ピカールさんに喜びの声を聞いた。(SRF/swissinfo.ch)

太平洋・大西洋横断飛行

ソーラー・インパルス 最悪の事態に備えたパイロット訓練

世界一周飛行に挑戦中の電動飛行機ソーラー・インパルス2。中国からハワイまでの区間を飛行中、太平洋上の気象条件が悪化したため、急きょ名古屋の県営名古屋空港(小牧空港)に着陸し、現在は日本で天候が回復するまで待機している。今後待ち受けるのは、最大の難所と言われる太平洋および大西洋の横断だ。そこで起...

世界一周の挑戦

ソーラー・インパルス2 飛行中の食事や睡眠はどうする?

太陽光だけで飛ぶスイス製電動飛行機「ソーラー・インパルス2」。現在はインド・アーメダバードで待機中だ。本来なら今日、次の目的地インド・バラナシへ飛び立つ予定だったが、濃い霧のため出発を延期した。先週9日アブダビ空港から始まった世界一周の旅はこのように天候次第。だが、踏破する総飛行距離は3万5千...