ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

ソーラー・インパルス 世界一周の旅

ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんが操縦桿(かん)を握るスイスの電動飛行機「ソーラー・インパルス2」が世界一周飛行を達成。太陽光エネルギーを動力とした飛行機では世界初となった。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ソーラー・インパルス 世界一周の旅 2016

独占インタビュー 第2弾 ソーラー・インパルス 今後クリーンテクノロジーを世界で推進、ドローン製作も視野に

今年7月、太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス2」が世界一周飛行を完了し、120時間ノンストップ飛行が太陽光エネルギーだけで可能だと証明した。独占インタビュー第2弾では、ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさん...

独占インタビュー 第1弾 ソーラー・インパルス2の世界一周飛行完了 今だから聞ける感動や危機のとき、そして挑戦の哲学

白色の光の直線が夜の闇をゆらりゆらりと揺れながら2016年7月26日、アブダビ空港に近づき、止まった。それは、太陽電池飛行機「ソーラー・インパルス2」が危機を何度も乗り越え、世界一周飛行を終えた瞬間だった。それはまた、企画者...

さらに表示

ソーラー・インパルス 世界一周の旅 2015

技術と人間の限界を超える挑戦 ソーラー・インパルス2 来春に再出発、 パートナー企業の支援は?

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2は1カ月前の7月3日、日本・ハワイの5昼夜ノンストップ飛行目標を貫徹しハワイに降り立った。しかし、飛行中過度に断熱したためバッテリーがオーバーヒート。その損傷は大きく、世界一周の旅は、ほぼ半ばで中断。来春までハワイにとどまることになった。しかし、...

バッテリーの過熱 ソーラー・インパルス2、2016年春までハワイに留まる見込み

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2は、太陽光エネルギーだけで世界一周を成し遂げるという世界記録を、今年中に達成できない見通しとなった。名古屋からハワイまでの飛行中に過熱したバッテリーの修理が必要になったためで、同機がハワイを再出発するのは2016年の春ごろになるという。

飛行時間・距離で新記録達成 ソーラー・インパルス2 名古屋からハワイに到着

電動飛行機ソーラー・インパルス2は3日、目的地のハワイに到着した。名古屋を出発してからほぼ5日間、ノンストップで太平洋を横断し、電動飛行機の飛行最長距離および飛行最長時間の記録を塗り替えた。  操縦士アンドレ・ボルシュベルクさんを乗せたソーラー・インパルス2は、 ...

さらに表示

ソーラー・インパルスの挑戦 ~2014

出番を待つ ソーラー・インパルス、ハイテク素材を駆使

, ローザンヌにて

太陽電池だけで初の世界一周を試みる飛行プロジェクト「ソーラー・インパルス」。現在アメリカで、今後の指標となる一連のテスト飛行を行っている最中だ。一方スイスでは、新しい試作機で使用するより軽量な最先端材料の研究が進んでいる。 ...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

ソーラー・インパルス2 操縦士ベルトラン・ピカールさん「ついに成し遂げた」

ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんが、太陽エネルギーのみを利用した飛行機「ソーラー・インパルス2」での世界一周飛行に成功した。ベルトラン・ピカールさんに喜びの声を聞いた。(SRF/swissinfo.ch)

太平洋・大西洋横断飛行 ソーラー・インパルス 最悪の事態に備えたパイロット訓練

世界一周飛行に挑戦中の電動飛行機ソーラー・インパルス2。中国からハワイまでの区間を飛行中、太平洋上の気象条件が悪化したため、急きょ名古屋の県営名古屋空港(小牧空港)に着陸し、現在は日本で天候が回復するまで待機している。今後待ち受けるのは、最大の難所と言われる太平洋および大西洋の横断だ。...