ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

永世中立国スイスの軍事力

永世中立国スイスは軍隊を持ち、国民皆兵制を採る。成人男子は毎年、軍隊で訓練を積む。各地の山の中には欧州列強の侵略に備えて作られた軍事施設が今も残り、民家の地下室には核シェルターがある。この小国には、アルプスの牧歌的な風景だけではない別の横顔がある。

スイス軍

さらに表示

銃規制

軍支給の銃器による死亡事件で銃器規制論が再燃

スイスは国民皆兵制。兵役終了後も自宅に銃器を保管することができる。しかし今月、立て続けに軍支給の銃器を使った射殺事件が起きた。これが火種となり、軍用銃器の保管規制を厳しくしようとする声が高まっている。 スイス軍が支給する銃器によって命を落としたのは21歳と23歳の若者だった。 ...

国民投票 銃器規制イニシアチブ否決

2月13日の国民投票で、銃器の入手と保管規制を求めるイニシアチブ「銃器による事故防止のために」は否決され、スイス国民は家庭に銃器を保管する伝統を選択した。  イニシアチブ承認には投票者と州の両方で過半数の賛成を得る必要があるが、投票者56.3%の反対と26 ...

国民投票 外国人旅行者も驚く銃の伝統

2月13日の国民投票で、銃の入手と保管の規制を求めるイニシアチブの是非が問われる。しかし銃は一般的なスイス人の生活に広く根付いている。そうした銃器の存在に驚く外国人旅行者は多い。 鉄道の駅、電車の音、プラットホームを往き来する人ごみ。 ...

さらに表示

安全保障政策

さらに表示

兵役と女性

スイスの徴兵制度 兵役を志願したスイス人女性

スイスで兵役義務が課せられるのは男性だけで、女性にはない。これを不公平と考えたゾエ・フライさんは、その主張が口先だけでないことを示すため、自ら兵役を志願した。数少ないスイスの女性兵士、フライさんの1日を追った。

防衛意識の高まり スイスで女性兵士の入隊が倍増

女性への兵役義務化を検討するスイスだが、自ら兵役を志願する女性は年々増えている。この2年で新たに入隊した女性は2倍になった。

スイス軍の改革 スイス人女性にも兵役義務?

女性にも兵役義務を課してスイス軍の女性兵士の数を増やす。この考えを連邦国防省の高官が支持したことで、社会的に大きな注目を集めた。しかし世論や現実の状況からすると、女性の兵役義務の実現は難しいと見られている。 ...

さらに表示

地下施設へ

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています