ワールドカップ2018

W杯ロシア大会 サッカーワールドカップ、スイス8強ならず「酷い試合」国内紙が批判

サッカーのワールドカップ(W杯)は4日、決勝トーナメントが行われ、スイスはスウェーデンに0-1で敗れ、64年ぶりの8強入りを逃した。戦術、気迫に欠けた代表のプレーにファンも失望した様子で、スイスのメディアは「ひどい試合だった」とこきおろした。

ワールドカップ サッカー 相手につば、中指立てる―スイス代表の「問題行動」の歴史

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の試合中に「ワシのジェスチャー」のゴールパフォーマンスをしたスイス代表のグラニット・シャカ、ジェルダン・シャキリら3選手が国際サッカー連盟(FIFA)から罰金処分を受けた。驚くかもしれないが、スイス代表が処分を受けるのはこれが初めてではない。

ワールドカップ 「双頭のワシ」で罰金のスイス代表シャキリらに募金集まる

サッカー・ワールドカップ(W杯)の試合中、アルバニア国旗に描かれた「双頭のワシ」を表すジェスチャーをし、国際サッカー連盟(FIFA)から罰金処分を受けたスイス代表のジェルダン・シャキリら3選手に対し、罰金を肩代わりするクラウドファンディングが立ち上がった。現時点で罰金全額を超える金額に達している。

このコンテンツは2018/06/28 11:19に配信されました
さらに表示

2018平昌五輪

シリーズ「私たちは在外スイス人」 五輪のリンクで実感した「スイス代表」

フィギュアスケートのアレクシア・パガニーニ選手(16)は米国生まれ。2018年の平昌(ピョンチャン)五輪で、スイス代表として初めて冬季五輪の大舞台に立った。世界のどこにいてもフィギュアと二重国籍が付いて回るパガニーニ選手だが、「母国」と呼ぶのはスイスだ。 ...

五輪 平昌五輪のスイス代表メダリストら、連邦議事堂招かれ祝賀会

2月の平昌五輪・パラリンピック(韓国)のスイス代表メダリストを招いた祝賀会が11日、ベルンのスイス連邦議事堂で開かれ、連邦閣僚らが功績をたたえた。こうした催しは初めてという。

このコンテンツは2018/04/12 17:17に配信されました

冬季五輪 平昌五輪 スイスのメダリストたち

韓国・平昌(ピョンチャン)で開催中の冬季五輪で、15個のメダルを獲得したスイス勢を写真で紹介する。

さらに表示

ウィンタースポーツ

2026年冬季五輪 ヴァレー州の五輪誘致 住民投票控え高まる議論

ヴァレー州で6月10日、2026年冬季五輪招致を巡る住民投票が行われる。州都シオンの立候補は過去50年で4度目となるが、最新の世論調査では反対が58%に上った。投票直前の地元の様子を取材した。

オリンピック招致 2026年冬季五輪招致を目指すシオン 州の財政プランに反対の声

2026年冬季五輪の候補地の一つ、スイス・ヴァレー州の州都シオンで、同州の有権者の6割が招致活動費のために州予算から1億フラン(約110億円)を投じることに反対している。

このコンテンツは2018/05/23 13:33に配信されました

スイスのウィンタースポーツ スキーのラウバーホルンW杯、開催地にもたらす経済効果は?

スイスの山村ヴェンゲンで毎年1月に開催される国際スキー連盟(FIS)のラウバーホルン・スキーワールドカップ(W杯)。連盟が主催するアルペンスキーW杯では最も歴史が古く、最もコースが長いことで知られる。W杯によって世界的に注目されたこの小さな村だが、この大会が村にもたらす経済効果はどのくらいなの...

さらに表示

テニス

アーカイブ~あの日 あの時~ さようなら、ヒンギス

かつて天才少女と呼ばれ、4大大会通算25勝という輝かしい業績を挙げた女子テニスの元世界女王マルチナ・ヒンギス(37)が、3度目の引退を表明し、その現役生活に終止符を打った。スイスインフォは2003年、一度目の引退をしたヒンギスにインタビューをしていた。

最新ニュース

栄光と波乱のスター テニス元世界女王ヒンギスが三度目の引退へ

女子テニスの元世界ランキング1位のマルチナ・ヒンギス(スイス、37)が26日、シンガポールで開催中のWTAファイナルを最後に現役引退すると発表した。

このコンテンツは2017/10/27 8:34に配信されました
さらに表示

その他スポーツ

電気自動車の最高峰レース 電気自動車の「F1」 フォーミュラE、チューリヒで10日に初開催

電気自動車の最高峰レース「フォーミュラE・e-Prix」が10日、スイス・チューリヒで初めて開催される。スイスからは、世界耐久選手権(WEC)でトヨタのドライバーを務めるセバスチャン・ブエミらが出場。スイスでカーレースが行われるのは実に64年ぶりだ。

スイス・ベルン出身の元プロ自転車選手 自転車の五輪金メダリスト、カンチェラーラ氏が不正?

2016年リオデジャネイロ五輪の男子個人タイムトライアル金メダリストで、昨年引退したスイスのファビアン・カンチェラーラ氏(36)が不正を働いていたと、米国の元プロ自転車選手が自身の著書で訴えた。

さらに表示

スイス相撲・シュヴィンゲン

第44回連邦シュヴィンゲン&エルプラーフェスト スイス相撲大会、五つのポイントから分析

今日26日から3日間、第44回連邦シュヴィンゲン&エルプラーフェスト2016(スイス相撲・アルプス地方伝統スポーツ大会)が、ラ・ブロワ地方で開催される。3年ごとに催されるこの大会は、スイス最大のスポーツイベントであり、国民が一丸となって盛り上げる国家的な祭典でもある。この3日間で約25万人の観...

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

特集

ロジャー・フェデラー

男子プロテニス界で前人未到の記録を更新し続けるロジャー・フェデラー。スイス・バーゼルに生まれ、いまや世界一のプレーヤーとも評されるフェデラーの軌跡を紹介する。

特集

ステファン・ランビエール

「氷上のプリンス」と呼ばれ、スイスが誇るフィギュアスケーター、ステファン・ランビエール。スイスインフォは、彼の競技生活からプロに至るまで、長年にわたり表現力溢れるこの「アーティスト」を取材してきた。

トピックスのコンテンツ