2015年3月8日の国民投票

今回は二つの案件が国民投票にかけられる。一つは、子どもを持つ世帯に支給される児童手当を非課税対象にすることで、家庭の経済負担を軽減しようとするもの。二つ目は、化石燃料の消費を削減する目的で、現行の付加価値税を新しく「エネルギー税」で置き換えようという提案だ。

国民投票結果
エネルギー税導入案
児童手当の課税控除案