組織

SWI swissinfo.chとは

SWI swissinfo.chはスイス公共放送協会(SRG SSR)の国際部です。 ...

組織

SWI swissinfo.chのディレクターで総編集長のラリッサ・M・ビーラーは、スイス公共放送協会(SGR SSR)の理事会から支持されています。 «10カ国語に10の文化を持つスイスインフォは、スイスのニュース提供社としてユニークな存在です。» ラリッサ・M・ビーラー

SWI swissinfo.chの記事

SWI swissinfo.chの記事は以下の点を主軸に据えています。 スイスの声を世界に発信:スイスに関心のある世界中の人々を対象に、スイスのニュースを公平かつ詳しく報じます。また国際的な関心事、時事問題、紛争に対するスイスの見方を独立的な立場から伝えます。 ...

在外スイス人 国外に暮らすスイス人

スイスインフォは、在外スイス人が母国とのつながりを保つために必要な情報を提供します。 ...

直接民主制に関する議論

スイスインフォは国民投票についての詳細記事を10カ国語で配信しています。

年次報告

2018年3月の国民投票で、スイス公共放送協会(SRG SSR)は有権者の皆様から非常に重要な賛同を頂きました。公共放送受信料廃止の是非が問われたこの国民投票で、私たちの公共サービスおよびスイス国民、スイスに関心を持つ人に中立的な情報を届ける業務に対し、多くのご支持を頂きました。 ...

SWI swissinfo.ch委員会―調整機関

SWI swissinfo.ch委員会は、スイス公共放送協会(SRG SSR)の理事会との業務を調整し、提言を行います。 委員会は、SWI ...

公共評議会―諮問機関

公共評議会はSWI swissinfo.chのスイスインフォの規約に則り、編集責任者と読者を結ぶ役割を担います。 公共評議会は編集責任者に対し、コンテンツに関するあらゆる課題に助言し、現状の把握や提案を通してコンテンツ作りを支援します。国外に向けスイスの情報を提供するというSWI ...

オンブズマン事務局―苦情を受け付ける第三者機関

​​​​​​​ SWI swissinfo.chオンブズマン事務局は、読者および記事に関わった人物・機関と、編集部を仲介しています。

360

スイス公共放送協会国際部 SWI swissinfo.chと一緒にスイスを360度動画で

ある時は首都ベルンの連邦議事堂から、ある時はスイスの街中から、またある時はアルプスの山頂から―スイス公共放送国際部のSWI swissinfo.chと一緒にさまざまな角度から見たスイスを360度動画でご覧ください。

お問い合わせ

SWI swissinfo.chについて いつでもつながっていよう

SWI swissinfo.chは言語、地域、SNSサイトに関係なく、どこからでもアクセスできます。皆様からのご意見をお待ちしています。 SWI swissinfo.chのソーシャルメディアアカウント ...

パートナーシップ

SWI swissinfo.chについて パートナーシップ

スイスインフォは国外向けにスイスの情報を提供する団体や機関とパートナーシップを組んでいます。

付加価値 SWI swissinfo.chへのリンク

外国でスイスを代表するエージェンシーや機関、駐スイス外国公館、または学校のウェブサイトには、SWI swissinfo.chのコンテンツに興味のある訪問者がいるかもしれません。上記の関係者の方で、SWI ...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

トピックスのコンテンツ

著作権

スイス放送協会(SRG SSR) 一般事項 スイス放送協会(SRG)は個人情報の保護を真剣に考慮し、安心して当協会のSRGオンラインプラットフォームをご利用いただけるよう努めています。以下、当協会が収集する情報の種類、その利用法について説明します。  ...

さらに表示