トピックスのコンテンツ

スイスの建築⑬ メンドリジオ建築アカデミー(その2)

新校舎を手掛けた建築家が重視したのは多文化の交流を促す「多機能空間」。そして相反する活動が互いの存在を感じながらもそれぞれ集中できる「同時性」だった。

スイスの建築⑬ メンドリジオ建築アカデミー(その1)

シリーズ「スイスの建築」第13話は、ティチーノ州にあるメンドリージオ建築アカデミー。イタリアとの国境に接するこの学校の、最先端を行く新校舎を紹介する。

スイスの建築⑫ イタリア語圏キアッソのカルチャーアイランド(その4)

60年代の映画の斜陽時代には、スイス国内の多くの映画館が閉鎖に追い込まれた。ただ、キアッソのチネマ・テアトロはポルノ映画館へと姿を変え、苦しい時代を生き抜いた。その後、建物の特異性が見直され、現在ではジャズフェスティバルやダンスフェスティバルなど、国際的な催しが行われる場所へと姿を変えた。

スイスの建築⑫ イタリア語圏キアッソのカルチャーアイランド(その3)

スパツィオ・オフィチーナの改築を手掛けた建築家は、「絶対的なシンプルさ」というコンセプトのもと、あえて手を加えないという手法を取った。800平方メートルの施設には必要最低限の音響施設以外、特に技術設備を備えていない。

スイスの建築⑫ イタリア語圏キアッソのカルチャーアイランド(その2)

M.A.X.ミュージアムのテーマはデザインだ。主にグラフィックや絵画、ビデオインスタレーション作品を展示する。スパツィオ・オフィチーナは新しい作風に対して開放的な場所で、コンサートなども開催できる「工房」として作られた。

スイスの建築⑫ イタリア語圏キアッソのカルチャーアイランド(その1)

スイス南部のイタリア語圏にある、国境の町キアッソ。1930年代に建てられた劇場や自動車整備工場だった建物の改装を終え、2005年に文化発信拠点として新しくスタートした。「カルチャーアイランド」と名付けられたこの場所はどのように生まれ、どのような役割を担っていくのか。

スイスの建築⑪ 「水面を歩く」湖上遊歩道 ラッパースヴィール~フルデン(その3)

2001年4月、チューリヒ湖畔にある薔薇の町ラッパースヴィールと、対岸の村フルデンをつなぐ木製の橋が改修工事を終えた。ドイツからアインジーデルンへと向かうヤコブ巡礼道の一部として広く知られたこの遊歩道の全長は841メートル。木製の橋としてはスイス最長を誇る。 ...

スイスの建築⑪ 「水面を歩く」湖上遊歩道 ラッパースヴィール~フルデン(その1)

2001年4月、チューリヒ湖畔にある薔薇の町ラッパースヴィールと、対岸の村フルデンをつなぐ木製の橋が改修工事を終えた。ドイツからアインジーデルンへと向かうヤコブ巡礼道の一部として広く知られたこの遊歩道の全長は841メートル。木製の橋としてはスイス最長を誇る。

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

特集

名建築とスイス

ル・コルビュジエなど歴史に残る建築家や、マリオ・ボッタやヘルツォーク&ド・ムーロン、ピーター・ズントーといった世界を股にかけて活躍する現代建築家たちの考え方や働き方、建築の歴史、個性豊かで特徴的な構造形式、素材の特性が活かされた名建築など、スイスの建築の全てをさまざまな角度からひもとく。

特集

スイスで働く

大きく変わる社会の中で、多様化する働き方。理想の働き方を実現するには?どう仕事を選び、いかに働くのか。スイスの「働く」をさまざまな観点から見る。