ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスと日本をつなぐ

スイスと日本は、1864年の修好通商条約をきっかけに、政治や貿易や教育など様々な分野において友好な協力関係を築き、文化交流も深めてきました。

現在では、スイス在留邦人数は、10166人(2014年10月時点。日本外務省)、在日スイス人は1076人(2016年12月時点。日本法務省在留外国人統計)となっています。

こちらの特集では、両国の絆に触れる最新の記事をご紹介します。

最新の記事

シリーズ「職場交換」2の4 日本xスイスでオシゴト交換 職場交換先に到着「スイスはあこがれ」

ついに職場交換先に到着した日本とスイスの両チーム。日本に到着したスイスチームはすでに空港で言葉の壁を感じるが、「何とかなる」と常に前向きな姿勢を崩さない。一方、スイスに到着した日本チームはこれまでに経験したことのない通勤ルート、美しい山々、思いがけない歓迎に感動の連続だ。

シリーズ「職場交換」2の2 日本xスイスでオシゴト交換 職場交換先を紹介「冒険になる」

日本チームの2人は人生で初めてヨーロッパを訪れる。日本チームのメンバー、齋藤雄二さんは寿司職人として25年のキャリアを持つが、スイスでの職場交換に「冒険になることは間違いない」と話す。共にスイスへと旅立つ菅原久男さんの目標は、「普段通りに」丁寧な仕事をすることだ。

シリーズ「職場交換」予告 日本×スイスでオシゴト交換、第2話スタート 2018年10月21日から毎週日曜配信

スイス公共放送で昨年放送された、スイスと外国の職場を交換するリアリティ番組「Jobtausch(職場交換)」日本編の第2話がスタートする。スイス・グラールス州の山小屋レストラン「オルトシュトックハウス」の料理人2人と、日本・東京の寿司屋「廻り寿し 千寿 すしつね」の2人が1週間、職場を交換する。

スイスの美術作品 再び自然光の下で「完璧な美」を放つバルテュスの神秘的作品と未完成作品

スイスのドイツ語圏で初めて「バルテュス展」が2日から開催され、バルテュスの自画像「猫たちの王」やわいせつな絵画だとして米国で論議を呼んだ「夢見るテレーズ」が展示される。また、現在建設中の新ローザンヌ州立美術館では、スイスのアトリエに保存されてきたバルテュスの未完成作品が初公開される予定だ。

シリーズ「職場交換」1の4 日本xスイスでオシゴト交換 異国の職場に初出勤

ついに異国の地でオシゴトスタート。ルツェルンでは早速、日本チームがスイス特有の方言、スイスドイツ語での接客トレーニングを開始。一方、スイスチームの2人は日本のかき氷に挑戦するが…。

シリーズ「職場交換」1の3 日本xスイスでオシゴト交換 職場交換先に到着

長旅の末、スイスと日本のチームがお互いの国に到着した。ルツェルンではハイニの全従業員が日本チーム2人を温かくお出迎え。一方、日本に到着したスイスチームの2人は予想外な職場に興味津々だ。

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

特集 私たちは在外スイス人

グローバル化が進み、多くのスイス人が海外に拠点を置いて生活しています。 現在、スイス人口の10%に当たる約76万人のスイス人が国外に在住。多くの人が、スイス近隣の欧州諸国に住んでいます。 ...