ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスと北朝鮮

北朝鮮と国交関係を結び政治対話を定期的に行うスイス。朝鮮情勢を巡り国際交渉の仲介役を申し出る永世中立国スイスの立場や、長年に渡る人道支援をはじめ、スイスの北朝鮮との外交活動が注目されている。

関連記事

南北首脳会談 韓国政府、スイスの国民食「レシュティ」で金正恩氏をもてなし

27日に板門店(パンムンジョム)で開かれる南北首脳会談後の夕食会で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が留学していたとされるスイスの国民的料理「レシュティ」が振る舞われる。韓国大統領府(青瓦台)が24日発表した。

日スイス首脳会談 日本メディア、「北朝鮮に圧力で一致」と伝える

12日に東京で開かれた日・スイス首脳会談について、日本のメディアは安倍晋三首相とアラン・ベルセ大統領が北朝鮮情勢をめぐり認識を共有したことに焦点を当てた。拉致問題についてベルセ大統領が「解決策が出ることを願っている」とコメントしたことも報じられた。

朝鮮半島情勢 金正恩氏の妹・与正氏、スイスのベルセ大統領と握手

韓国・平昌(ピョンチャン)で開催中の冬季五輪で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長がスイスのアラン・ベルセ大統領に遭遇し、握手を交わす一幕があった。与正氏は兄とともにスイスに留学していた経験がある。

銀河3号 北朝鮮ミサイル、スイス製部品の使用が判明

北朝鮮が2012年に発射実験したロケット「銀河3号(Unha 3)」にスイス製の部品が使われていたことが国連安全保障理事会の調査でわかった。同ロケットは「人工衛星打ち上げ」を名目にした長距離弾道ミサイルとして批判を浴びていた。大衆紙ブリックの日曜版ゾンタークス・ブリックが報じた。

唯一の中立軍 北朝鮮と韓国間の非武装地帯 配属されたスイス軍人の日常と任務

たった一つの小さなミスが、人類にとって破滅的な影響をもたらすかもしれない―  高い緊張状態にある北朝鮮と韓国の国境地帯に配置されたスイス軍の部隊は、そのような可能性を強く意識しつつも、終わりの見えない紛争の唯一の中立軍として、冷静に任務をこなしている。

キムジョンナム殺害事件 金正男氏のスイス時代の友人、毒殺の理由を推測 ジュネーブ地元紙に語る

金正男(キムジョンナム)氏とは80年代からジュネーブで学友だったというアントニー・サハキアンさんによると、正男氏は政権奪取の野心は持っていなかったが、身の危険を感じていたと話す。その人物像を語るスイス地元紙は、マレーシアでの殺害事件は、中国が支援する正男氏が北朝鮮の指導者となるのを恐れた何者か...

バスケが好きな子ども時代 金正恩氏のスイス留学時の住宅、発見

北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長がスイスに留学していた当時に暮らしていた住宅が先日、発見された。住宅は首都ベルンにあり、北朝鮮の外交団が使用していた。近隣住民によれば、4人の少年が「いつもバスケットボールをしていた」という。

北朝鮮 北朝鮮 高級スキー場で見えてくるもの

抑圧的で「短気な」政権、核開発を行う国。こう聞いて北朝鮮にスキーに行きたいと思う人はまずいないだろう。しかし、この国の高級スキーリゾート地では、たとえ敵同士が顔を合わせても普通に楽しい数日間を過ごせる。それに、見えなかったものが見えてくる。こうなると、それは良いことではないか?

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています