トピックスのコンテンツ

シリーズ「スイスの多国籍企業」 禁煙を求めるたばこ最大手、フィリップ・モリス・インターナショナルの実態

世界最大のたばこ企業、フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)が、喫煙者に禁煙するよう求めている。目下、抜本的な自己改革を進めるPMIで働くとはどういうことなのか?

増える例外 土日・祝日に働くスイス人が増加

企業の土日・祝日に従業員を働かせる許可件数が過去3年で約3割増えたと報じられた。うち800件以上が、クリスマス期間の営業が目的だったという。

このコンテンツは2018/12/28 7:26に配信されました

シリーズ「職場交換」2の10(最終回) 日本xスイスでオシゴト交換 「ありがとうの気持ちでいっぱい」

スイスと日本の両チームとも、別れのときがやってきた。言葉やプレゼントを贈り合い、これまでの仕事をねぎらう。日本チームの上司、ライナーさんは「2人がいなくなると寂しくなる」と思わず涙をこぼす。感動のフィナーレ。

シリーズ「職場交換」2の9 日本xスイスでオシゴト交換 「がっかりさせたくない」

最終日を迎えた東京。スイスチームの2人は特別に用意された座敷で客に寿司を握る。これまでの成果を十分に発揮できるか心配は募るが、これまで指導してくれた水戸部さんの想いに応えたいと、気合が入る。一方スイスでは日本チームが本領発揮。山小屋フェスティバルで客に寿司を握り、大好評を得る。上司のライナーさ...

シリーズ「職場交換」2の7 日本xスイスでオシゴト交換 「スイス人の心の広さを感じた」

スイスチームの2人が次に挑戦するのは巻き寿司だ。上司の水戸部さんから降り注ぐ視線にプレッシャーを感じながらも、2人は何とかやり遂げる。一方スイスでは、日本チームの2人が上司のマヤさんにスイスドイツ語での注文の取り方を教わっているが…。

シリーズ「職場交換」2の6 日本xスイスでオシゴト交換 朝礼で「いらっしゃいませ!」

宿泊先の「変なホテル」に到着したスイスチームの2人は、ロビーで恐竜に出迎えられ言葉を失う。翌朝は初めての朝礼に参加。とにかく驚きの連続だ。一方、日本チームは朝食作りに挑戦。寿司職人ならではの繊細な仕事を披露し、上司のマヤさんからも高評価だ。

求むプロフェッショナル 人材不足 、エンジニアや医療分野で深刻に

スイスでエンジニアや医療分野の人材不足がより深刻になっている。接客・サービス業では余剰感が強い。

このコンテンツは2018/11/21 10:43に配信されました

シリーズ「職場交換」2の4 日本xスイスでオシゴト交換 職場交換先に到着「スイスはあこがれ」

ついに職場交換先に到着した日本とスイスの両チーム。日本に到着したスイスチームはすでに空港で言葉の壁を感じるが、「何とかなる」と常に前向きな姿勢を崩さない。一方、スイスに到着した日本チームはこれまでに経験したことのない通勤ルート、美しい山々、思いがけない歓迎に感動の連続だ。

シリーズ「職場交換」予告 日本×スイスでオシゴト交換、第2話スタート 2018年10月21日から毎週日曜配信

スイス公共放送で昨年放送された、スイスと外国の職場を交換するリアリティ番組「Jobtausch(職場交換)」日本編の第2話がスタートする。スイス・グラールス州の山小屋レストラン「オルトシュトックハウス」の料理人2人と、日本・東京の寿司屋「廻り寿し 千寿 すしつね」の2人が1週間、職場を交換する。

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ