ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの時計産業

スイス経済を支える屋形骨の一つ、時計産業。スマートフォンやスマートウオッチの台頭に脅かされる一方、富裕層の育つ途上国からの高給時計へのニーズはうなぎのぼりだ。伝統を守りつつも時代に合わせて変容を遂げるスイス時計産業の今と未来を追う。

時計はアート これ本当に時計?バーゼル・ワールドにお目見えした最新モデル

長針、短針、秒針。時計は「三本足」が普通だが、それ以上の足を持つ時計は存在するのか?あるとしたら、あなたはいくら払うだろうかー?今月22~27日にバーゼルで開かれた世界最大の時計・宝飾品見本市バーゼル・ワールドでは、様々な趣向を凝らした芸術品ともいえる時計がお目見えした。

世界最大の時計・宝飾品見本市 バーゼル・ワールドに逆風 出展企業が下降線

来年3月22日~27日に開かれる世界最大の時計と宝飾品の見本市、バーゼル・ワールドが逆風にさらされている。出展企業は前回の半数の600~700社にとどまる見込みだ。

スイス製腕時計を格安で 拡大する高級腕時計の格安販売ビジネス

スイスの時計業界では、新品腕時計の在庫一掃セールや、並行品(メーカー管理下の正規ルート以外で仕入れた商品。大幅な値引き価格で売られることが多い)の販売はタブーになっている。だが実際には、高級腕時計が格安で販売されるケースが増えている。世界的に経済活動が低迷していることや、小売店が在庫の山を抱え...

商標保護と知的財産 拡大する偽造品取引

貿易の急激な国際化により、偽造品取引の規模は拡大するばかりだ。スイスのような輸出国が被る影響はとりわけ大きい。偽造品取引の防止を目的とした国際協定や法律は存在しても、ほとんど効き目のないままだ。

ためらいに終止符 スイス時計産業 ついにスマートウォッチ市場に参入

ほんの1年ほど前まで、大手時計メーカーのほとんどがスマートウォッチの製造に関心を示していなかったが、ついに行動を起こし始めた。アップル社が腕時計型のウェアラブル端末「アップルウォッチ」の発売日を正式に発表したばかりで、巨大企業間での厳しい国際競争が予想される中、スイスには幾つかの切り札があると...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

バーゼルワールド2017開幕直前 スイスの時計産業について知っておくべき六つのこと

世界最大の時計宝石見本市「バーゼルワールド」が明日23日からバーゼルで開催される。今年は時計産業にとっていささか重苦しい状況での開幕となりそうだ。

ラベル使用条件が厳格化 スイスの時計 「スイス製」のメリットとデメリット

スイスの時計産業は近年、フラン高や輸出状況の悪化にあえいできた。徐々に回復してはいるものの、昨年、使用条件が厳格化された「スイス製」ラベルが、一部の時計メーカーにとって新たな悩みの種になっている。(SRF/swissinfo.ch)