ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

インスタグラムと写真 人気インスタグラマー「建築の正面写真」撮影の裏側

写真家のフィリップ・ヘーアさんを63万人のフォロワーを持つ人気インスタグラマーへと押し上げたのは、美しいスイスの建築写真だ。インスタグラムのユーザーネーム@lerichtiで知られるへーアさんに、インスタグラムの写真について話をきいた。

ヘーアさんの写真には、コンクリート建築物の窓枠、入り口、正面部分のデザインなど、グラフィック要素に溢れた、スタイリッシュで現代的な部分が切り取られている。いかにもアートギャラリーで絵葉書として販売されていそうな写真の数々 ー 展示場所は、インスタグラムだ。

へーアさんは、子供の頃から写真と建築に情熱を持っていた。やがてこの2つの趣味が組み合わさり、インスタグラムの写真投稿へとつながったのはごく自然な流れだったという。2015年、アカウント開設時に決めたユーザーネームは@lerichti。フランス語の定冠詞「le」と、暮らしているチューリヒ州ヴァリセレンの開発地区「Richti-Areal」を合わせたものだ。

インスタグラムは今日、ソーシャルネットワークを代表するプラットフォームだ。毎月10億人のユーザーが短い映像や写真をアップロードし、自身のコミュニティーに向けて発信している。

スイスインフォは@lerichti他のサイトへことヘーアさんに、人気となった「建物の正面写真」撮影の背景について話をきいた。

スイスインフォ: 写真を撮りたいと思わせる建物の正面部分のデザインとはどのようなものですか?

フィリップ・へーア: 人の顔はなかなか覚えられませんが、建物の正面部分は必ず記憶に残ります。時折、建物の正面デザインを顔のように感じることもあります。一方でグラフィック要素に溢れた1枚のキャンバスのようでもあります。

「人の顔は覚えられないが、建物の正面部分は必ず記憶に残る」

引用終了

スイスインフォ: よく写真の前景に人が写っていますが、なぜですか。

ヘーア: まず第一に、被写体との対比を考えています。それと、人をフレームに入れることで写真をよりダイナミックに見せるねらいもあります。写真に写っている人物の多くは友人ですが、彼らは正面の前を通り過ぎるのが好きな人たちなんですよ。

一人で撮影をするときは、その辺にいる歩行者にお願いするか、もしくはただの通りがかりの人をを待ちます。建物正面の色と、その人物が着ている洋服の色の対比を大切にしているので、撮影に時間が掛かることもあります。

スイスインフォ: これから数年後、インスタグラム上の@lerichtiはどうなっていると思いますか?それともインスタグラムは仕事ではなく、あくまで趣味の範囲でやっているのですか。

ヘーア: インスタグラムはあくまで趣味の一環としてやっているので、それ以外のものになることはありません。このような趣味があることで、スイス国内外に出掛け、たくさんの場所を訪れ、新しいものを発見することが出来ました。仕事と生活の調和が築けているのでとても気に入っています。

スイスインフォ: インスタグラムは今後、形を変えていくと思いますか。それが仕事に影響を与えると思いますか。

ヘーア: インスタグラムが今後、どのように進化するかは分かりません。最近は映像のほうが大切にされているように感じますが、僕はあまり興味がありません。アップした写真に人気が出ないとがっかりすることもありますが、インスタグラムの今の形を楽しんでいます。インスタグラムの今後はどうなるでしょうか。今が自分にはベストなプラットフォームだと思っています。もし将来こうではなくなったら、インスタグラムをやめるでしょう。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。