ルツェルンのカーニバル 難民申請者を対象に「マナーの講習」


埋め込みコード

今年もまたファスナハト(カーニバル)の季節を迎えたルツェルン。今日で最終日を迎える。ルツェルン当局は、昨年の大みそかにドイツ・ケルンで起きた集団性的暴行事件で、容疑者の多くが難民申請者だったことが判明したことを受け、地元の難民申請者を対象に、西洋におけるマナーやルールを教える講習を提供した。 (SRF/swissinfo.ch)