スイス人の子供
(Keystone)

スイスの国籍法はここ20年間で大きく変わった。スイス人女性が外国人と結婚してもスイス国籍を失わずに済むようになったのもその一つ。ここではスイスの国籍取得について紹介する。

スイス国民になるには、基本的に出生、婚姻(ただし婚姻と同時にスイス国籍を付与されるわけではない)、帰化の3通りがある。

出生地主義のアメリカとは違い、スイス国内で生まれただけでスイス国籍が付与されることはない。出生による国籍取得が認められるのは次の場合。

  • 両親が婚姻関係にあり、どちらか一方がスイス国籍である場合
  • 両親が未婚だが、母親がスイス国籍である場合
  • 両親が未婚で母親が外国籍、父親がスイス国籍で、父親が認知している場合(認知は子どもが成人するまでに行う必要がある)

スイスは重国籍を認めているため、外国人がスイス国籍の取得によりそれまでの国籍を喪失するかどうかは当人の国の法律による。日本では重国籍が認められていないため、日本人が本人の意思でスイス国籍を取得した場合、日本国籍法に基づき日本国籍を自動的に喪失することになる。詳しくは在スイス日本大使館のサイト他のサイトへへ。

スイス国籍の取得に関する情報は連邦司法警察省移民局のサイト他のサイトへへ。

新国籍法 スイス国籍取得に必要な10のこと

スイス人になるにはどうしたらいいか?国籍取得の権利が生じるのはどんなケースか?何年スイスに住めば申請できるのか?スイスの国籍取得について、スイスインフォが世界中から寄せられた10の疑問について調べた。

通常の国籍取得手続き

出生も婚姻もなく、スイス人との血縁関係を持たない外国人は少なくともスイスに12年間住まないとスイス国籍を申請できない(10~20歳までの滞在年数は2倍で計算)。だが改正国籍法により、2018年1月1日からはその年数が10年に短縮他のサイトへされる。

国籍取得の申請条件は次の通り。

  • スイス社会に十分に溶け込んでいること
  • スイスの公用語の一つにおいて、最低でもB1レベルの会話力、A2レベルの筆記力を要していること
  • Cタイプの滞在許可証を有していること
  • スイスの慣習や伝統に馴染んでいること
  • スイスの法律を守ること
  • スイス国内外の安全を脅かさないこと

国籍取得の審査請求を受け付けるのは連邦司法警察省移民局だが、さらに州や市町村ごとに独自の条件があり、申請者はこれらも満たす必要がある。例えば、条件となるその州での居住期間が2年間という州もあれば、10年間という州もある。

スイス国籍の取得に関する詳細は連邦司法警察省移民局のサイト他のサイトへへ。

簡易国籍取得手続き

スイス人と婚姻関係にある外国人、またはスイス人を親に持つ(スイス国籍未取得の)子供には、通常よりも手続きが軽減される簡易国籍取得の資格他のサイトへがある。

2017年2月12日の国民投票 移民3世のスイス国籍取得手続き、簡素化すべきか?

スイスでは現在、外国人がスイス国籍を取得しようとすると、その手続きに長い月日と数千フランという高い費用がかかる。こうした中で連邦当局は、移民3世に対して国籍取得の手続の簡素化を考えている。反対する保守右派は、「それはスイス国籍の安売りだ」と非難する。対する支持派は、スイスで生まれ育った外国籍の...

通常の国籍取得と同様、申請者はスイス社会に十分に溶け込み、法律を守り、スイス国内外の安全を脅かさないことが申請の条件。簡易国籍取得の場合、州や市町村が追加条件を課すことはないが、異議を申し立てることはある。

スイス人と婚姻関係にある外国人が簡易国籍取得を申請できる条件は次の通り。

  • スイス人と最低3年間、婚姻関係にあること
  • スイスに述べ5年間居住していること
  • 申請を行う直前の年は1年間スイスに住んでいること

また、スイスと「深いつながり」がある場合、つまりスイス人と結婚している人は、スイス国外に住んでいても簡易帰化の対象になり得る場合がある。この場合は、少なくとも6年間の婚姻関係が条件。

親はスイス国籍を取得しているが、本人はスイス国籍を持っていない22歳未満の子供が簡易国籍取得を申請できる条件は次の通り。

  • スイスに述べ5年間居住していること
  • 申請を行う直前の年は1年間スイスに住んでいること

また、スイスと「深いつながり」を持つ子供も簡易国籍取得を申請できるが、スイス国内に不動産を所有するだけではその理由としては不十分。スイス人の未婚の父親を持つ子供の場合、22歳になるまでにスイス国籍の申請が可能だが、父親の認知が必要。

2017年2月、この簡易国籍取得を移民3世まで拡大する国民投票が可決された。この場合、申請者はスイスで生まれた9歳から25歳までの人で、Cタイプの滞在許可証を持っている必要がある。またスイスの国内に最低5年通った人が対象。両親もスイスに最低10年居住し、5年間スイスの学校に通った経歴があること、有効な滞在許可証を持っていることが求められる。また祖父母のどちらかがスイス人か、滞在許可証を持っていることが必要。

簡易帰化に関する詳細は連邦司法警察省移民局のサイト他のサイトへへ。

スイス国籍の再取得

一般的に、婚姻、離脱などの理由からスイス国籍を喪失した外国人配偶者や外国籍の子どもはスイス国籍の再取得を申請できる。

過去にスイス国籍を持っていた女性で、2006年1月1日(改正国籍法施行)以前に夫がスイス国籍を放棄したことにより本人もスイス国籍を喪失した場合、スイス国籍の再取得が可能。この場合、スイスと密接な関係にあることが条件となる。この女性のスイス国籍が以前に出生、養子、婚姻、通常の国籍取得手続きによって得られたものであるかどうかは問われない。

ほかの国籍取得と同様、申請者はスイス社会に十分に溶け込み、法律を守り、スイス国内外の安全を脅かさないことが条件となる。その他にも年齢、居住地などの条件が加わることもある。詳細は連邦司法警察省移民局のサイト他のサイトへへ。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。