スイスと中立は同義語だが、必ずしもスイスが軍備を持たないということではない。スイスの軍隊は自衛と国内治安のために訓練されている。

原則として、スイスは攻撃を受けない限り軍事同盟に加わることはできない。国際紛争で一方の味方についたり、外国の軍隊にスイス国内を通過させたりすることはできない。

スイスの中立は武装中立を意味する。そのためスイスは自衛力をそれなりのレベルで保持するよう常に努力し、成人男性の兵役を憲法で義務付けている。

小国スイスに必要だった中立は冷戦終結とともに不可欠ではなくなった。現代の相互依存の世界では、純粋で正統な中立の保持は困難になる一方だ。

スイスインフォの日本語関連記事「スイス 武装した永世中立国1 歴史と将来像(1)」では第2次世界大戦までの中立の歴史を取り上げている。

中立と国際社会

 政治問題を傍観するという方針が定まると中立に対する世論が変化し、2002年、スイスは国連に加盟することになった。とはいえ、実際、スイスはユネスコ(UNESCO)、国連食糧農業機関(FAO)、国際労働機関(ILO)、ユニセフ(UNICEF)などの専門機関やその他の機関の活動に長年にわたり全面的に参加している。

 この国連加盟の意思は全国レベルの国民投票で問われ、約55%が賛成票を投じた。スイスは北大西洋条約機構(NATO)による平和のためのパートナーシップ協定の加盟国だが、軍事同盟への加入は中立を侵害するため予定されていない。

 国連加盟は国際社会に向けて踏み出した大きな一歩として歓迎されたが、実際のところ、スイスは第2次世界大戦以降、国連平和維持軍への参加を除いては国際平和に貢献し続けている。

 また、スイスは朝鮮戦争の後、さらに1967年以降は中東でも休戦監視の任務に携わっている。選挙監視要員もアフリカや東欧に派遣されており、総勢220人のスイス派遣軍スイスコイ(Swisscoy)はバルカン半島諸国における平和維持活動を支援するために数年前からコソボに駐屯している。

 スイスは欧州評議会や欧州安保協力機構(OSCE)にも早くから加盟している。

 詳しくは、スイスの国連加盟と平和維持活動を取り上げたスイスインフォの日本語関連記事「スイス 武装した永世中立国1 歴史と将来像(2)」と「スイス 武装した永世中立国3 海外派遣」を参照。

銃と市民軍

 スイス軍(英/独/仏/伊語)は普段は民間人として職業を持つ兼業兵。スイス人の成人男性には兵役義務があるが、近年、兵役義務だけでなく軍の役割そのものまでがその意義を問われている。とはいえ、兵学校で教育を受けることは代々若いスイス人男性にとって「通過儀礼」になっている。

 基礎的訓練を受けた後、兵士は毎年数週間にわたる再訓練を受けなければならない。軍服を着た若い兵士が銃器を持って歩く姿はスイスの街角でよく見かけられる。軍事演習の際には、普段は平和なスイスに銃声が鳴り響くこともしばしば。

 兵役後、兵士は武器を自宅に持ち帰る。近年、殺人や自殺に軍隊の武器が頻繁に使われることから武器の自宅保管に対する疑問の声が上がっている。2011年2月に行われた国民投票(日本語)では、銃器の入手と保管規制を求めるイニシアチブ「銃器による事故防止のために」は否決され、スイス国民は家庭に銃器を保管する伝統を選択した。

swissinfo.ch