Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

世界一周達成間近


ソーラー・インパルス2がカイロに到着


 他言語で配信中:2  他言語で配信中:2

世界一周飛行に挑戦中の電動飛行機ソーラー・インパルス2が13日、スペイン・セビリアから48時間50分かけてエジプト・カイロに到着した。操縦士の1人アンドレ・ボルシュベルクさんにとって、これが最後の飛行となった。次回の飛行では最終目的地のアブダビを目指す。

 セビリアを離陸した同機は地中海、アルジェリア、チュニジア、マルタ、イタリア、ギリシャ上空を通過。太陽光のみを動力とし、13日午前7時10分(現地時間)にカイロまでの4千キロの旅を終えた。「この区間はとても感動的で意義あるものだった。太陽の恵みだけで昼夜飛行するという素晴らしい瞬間を今一度楽しむことができた。そして今のこの瞬間も喜びを感じている」と操縦士のボルシュベルクさんは語る。

 カイロから最終目的地アブダビへの飛行は、これまで交代で飛行を続けてきた、もう1人の操縦士ベルトラン・ピカールさんが担当する。 

 「ソーラー・インパルスが、私の夢の発端となったカイロに戻ってきた。エジプトは1999年、気球で無着陸世界一周飛行をした際に着陸した国。まさにここが、太陽光を利用した飛行機を思いついた場所だ」と、当プロジェクトの発案者であるピカールさんは話す。

 ソーラー・インパルス2の世界一周飛行は2015年3月、アラブ首長国連邦のアブダビから始まった。今後、天候の安定を見て世界一周飛行の達成へと飛び立つ予定。


メールアドレスをご登録いただいた方に、トップ記事を配信しています。是非ご登録ください。



(英語からの翻訳・編集 大野瑠衣子), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×