Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

イタリアの地震を受けて


M6の地震、スイスでも2040年までに起こり得る


swissinfo.ch & 外電


スイスで地震の起こる可能性が最も高いところ(赤色)は、ヴァレー州とバーゼル州、ザンクト・ガレン州、さらにグラウビュンデン州だ (ethz)

スイスで地震の起こる可能性が最も高いところ(赤色)は、ヴァレー州とバーゼル州、ザンクト・ガレン州、さらにグラウビュンデン州だ

(ethz)

イタリアで24日に起きた地震を受け、スイスの地震学者は「スイスでも今後、2040年までにマグニチュード(M)6程度の地震が起こり得る」と警鐘を鳴らした。

 「今後、スイスも油断はできない」と連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)・スイス地震学サービスのシュテファン・ヴィーマー局長は、イタリアで地震が起きた日の翌日、スイス公共放送の番組でこう語った。

「イタリアと同様、スイスも二つのプレートの境界に位置している。そのため、地震が起こるリスクはイタリアと同じだ」

 ヴィーマー局長によれば、スイスでは過去70年の間、大型の地震はなかったという。「ETHZでは、年に500から700回の小型の地震を観測している。イタリアで起きたようなM6の地震は、50年、100年、または150年ごとにしか発生しないものだ。過去3、40年間、スイスは比較的穏やかな時期を過ごしている。しかし今後、これが続くことはない」

イタリア中部にある山あいの村々が全壊した (Keystone)

イタリア中部にある山あいの村々が全壊した

(Keystone)

ヴァレー州とバーゼル州、高いリスク

 一方、ヴァレー州の地質学者ラファエル・マヨナ氏は、地震が起こるリスクはヴァレー州とバーゼル州で高いと指摘する。

 氏によれば、1946年にヴァレー州・シエール付近でM6.1の地震が起き、4人の死者が出た。「当時、ローヌ渓谷一帯の人口は少なく、死者は4人で済んだ。だが現在の人口密度を考えると、被害はもっと大きいだろう」

 そしてマヨナ氏は「今から2040年までに、同じぐらい大きな地震が起きるだろう」と付け加える。

 こうしたマヨナ氏の警告をヴァレー州当局は深刻に受けとめている。2004年に、州は州民に対し耐震基準に添って建物を建設する義務付けを行い、さらに地震が起きた際の行動などについての教育を実施している。

安全対策は?

 ヴィーマー局長によれば、地震の被害は洪水のそれに匹敵するという。「しかし、スイス国民は洪水の被害は深刻に受け止めるが、地震の被害についてはあまり考えていない。それは、この国では地震が比較的少ないからだ。しかし、地震は必ず起こる」

 ただ、局長はスイスの安全対策に関してこう括っている。「スイスでは、地震に対する安全対策がほぼ完備していると思う。過去20年間に、多くの対策を実施してきたからだ。特に建物の耐震基準をさらに高く設定した。だが、まだ多くのやり残しがあるという事実は、否定できない」

大丈夫と思っていたスイスでも2040年までに、地震が起こり得ると地震学者が警鐘を鳴らしています。皆様の御意見をお寄せください。

メールアドレスをご登録いただいた方に、トップ記事を配信しています。是非ご登録ください。



(仏語からの翻訳&編集・里信邦子)

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×