Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ニューヨークからスペインへ


ソーラー・インパルス2、大西洋横断成功


スペイン・セビリアに降下中のソーラー・インパルス2 (Keystone)

スペイン・セビリアに降下中のソーラー・インパルス2

(Keystone)

ニューヨークから大西洋をノンストップで飛行していたスイスの電動飛行機「ソーラー・インパルス2」は23日、出発から71時間後に目的地のスペイン・セビリアに無事到着。セビリアではスペイン空軍のアクロバットチームから熱烈な歓迎を受けた。

 ベルトラン・ピカールさんが操縦するソーラー・インパルス2は、現地時間の朝7時40分にセビリアに着陸。同機は20日の朝、ニューヨークを出発し、4日間昼夜を通して大西洋を横断。太陽光のみを動力とする電動飛行機が大西洋横断に成功したのは、同機が史上初となる。

セビリアに到着後、ソーラー・インパルス2の前でポーズを取る操縦士のベルトラン・ピカールさん (Keystone)

セビリアに到着後、ソーラー・インパルス2の前でポーズを取る操縦士のベルトラン・ピカールさん

(Keystone)

 同機はセビリアの飛行場に降下中、スペイン空軍のアクロバットチームから歓迎され、一緒に飛行。ピカールさんは「ソーラー・インパルスと一緒に航空ショーに参加したのは初めてだ。素晴らしい!」と感激した様子だった。

 ソーラー・インパルス2は大西洋のアゾレス諸島付近で乱気流に遭遇する等、困難な場面もあったと、ピカールさんは短文投稿サイト「ツイッター」に書いている。

 ニューヨークからセビリアまでの区間は、今回の世界一周飛行で2番目に長い距離。最も長かったのは、昨年7月に日本からハワイまで太平洋を5日間ノンストップで飛行した区間。その時の操縦士はピカールさんの相棒であるアンドレ・ボルシュベルクさんだった。

 同機はセビリアに4日ほど整備のため滞在したのち、天候が安定すれば来週初めには次の目的地に向かって出発する。

 世界一周飛行の出発地であり最終目的地であるアブダビまで、同機はあと3地点ほど回る予定。次の目的地はギリシャかエジプトになるとされる。


(英語からの翻訳・編集 鹿島田芙美), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×