Topic Page

ビジュアルデータ

年金問題 平均寿命が延びた今、より長く働くべきか?

スイスでは連邦議会が、女性の年金支給年齢を64歳から男性と同じ65歳へ引き上げることを決議した。だがこれは、今後の支給年齢引き上げに向けた最初の一歩に過ぎないのかもしれない。というのもここ数年間、議会は性別を問わず支給年齢を67歳に引き上げることに言及しているからだ。平均寿命が延びている今、年...

1957年3月25日、西ドイツ、ベルギー、フランス、イタリア、ルクセンブルク、オランダの6カ国が二つの条約に調印し、欧州経済共同体(EEC)と欧州原子力共同体(Euratom)が設立された。この二つに欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)を加え欧州共同体(EC)が1967年に発足。これが、欧州連合(EU)の前身となった

EUの起源のローマ条約から60年 今EUが再び危うい だが「耐久性あり」とスイスの専門家

欧州連合(EU)の起源となったローマ条約。明日は、この条約が1957年3月25日に調印されてから、ちょうど60年目に当たる。ところが、EUが今ほど危ういときはないように見える。「だが、今よりもっと危機的な状況を何度も経験してきた」と、EUに詳しいルネ・シュヴォック教授は言う。 ...

ボディカメラ スイス国鉄、セキュリティー強化に警察がボディカメラを使用

スイス連邦鉄道はチューリヒとローザンヌの駅や車内で今月20日から、試験的に警備にボディカメラを導入。警察官が肩に小型カメラを装着して警備にあたっている。連邦当局も承認しており、30週間実施される。(SRF/swissinfo.ch) ...

チーズが大好きなスイス国民。2016年のチーズ消費量は一人当たり22.05キロ。人気のチーズの一つはスイスの伝統料理、ラクレットに使われるラクレットチーズ

スイスの食事情 スイス国民のチーズ年間消費量はなんと18万トン

スイス国民が2016年に食べたチーズの量は、一人当たり22.05キロで総計18万6756トン。スイスの農業団体が今月16日に発表した。  同年のチーズ消費量は、前年に比べ6千トン増えた(一人当たり2.6%増)。スイスでは年々チーズの消費量が増えているという。 ...

欧州連合の銃所持を規制する新規則の反対派は、スイスの猟師や射手の自律性が制限されるとして同規制を批判

銃規制 スイスの銃器所持擁護派、EUの銃規制に反対

欧州議会は今月14日、銃規制案を可決した。スイスは欧州連合(EU)に加盟していないが、シェンゲン協定加盟国としてこの新規制を適用する必要がある。これに対して、スイスの銃器所持擁護のロビー団体が異議を唱えている。 ...

La montre mécanique (ici un modèle datant de 1956) est tombée dans l'oubli avant de revenir à la mode dans les années 2000.

ビジュアルデータ

バーゼルワールド2017開幕直前 スイスの時計産業について知っておくべき六つのこと

世界最大の時計宝石見本市「バーゼルワールド」が明日23日からバーゼルで開催される。今年は時計産業にとっていささか重苦しい状況での開幕となりそうだ。この機会に、スイスの持つノウハウと「スイス製の精密さ」を象徴するスイスの時計産業について、六つの項目にまとめてみた。 ...

フリブール州に住む犬のフロッピーが23歳の生涯を終え、天国へと旅立った。昨年10月には仏語圏のル・マタン紙にフロッピーの誕生日会の様子が報道されたばかりだった。スイス最高齢とされるフロッピーの年齢は人間に換算すると155歳。地元では稀にみる高齢犬として人々から親しまれていた。

写真ニュース

準決勝で「ラ・バヤデール」を披露する藤本結香さん。2月3日撮影

バレエコンクールの舞台で成果を見せるには プロを夢見る15歳ダンサー ローザンヌ国際バレエコンクール体験談~藤本結香さん

4歳からバレエを始めたという山口県出身の藤本結香(ゆいか)さんは15歳。2017年のローザンヌ国際バレエコンクールに初めて参加し、ベスト20に選ばれた。コンクールが終了して1カ月たった今、改めてコンクールの体験を聞いてみた。 ...

セネガルのマッキー・サル大統領は20日から3日間、スイスを公式訪問する。セネガルの大統領がスイスを訪問するのは、1996年、2001年に続いて3回目。

セネガルは、スイスの教育制度をモデルとした青少年研修制度を導入していることから、サル大統領はヴォー州の職業訓練学校を訪問する。また、ジュネーブで現在開催されているアフリカCEOフォーラムにも参加する予定。

写真は、サル大統領と握手をするスイスのロイトハルト大統領(中央右)。20日、ベルンの連邦議事堂にて撮影。

写真ニュース

The parliamentary approval of the reform package is also a victory for Interior Minister Alain Berset
人工知能の出現によって今後人間の仕事が減るのか増えるのかは、まだ明確ではない