健康

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

下半身不随 電気刺激で脊椎損傷患者の歩行が可能に スイスの研究者らが実証

下半身不随の患者に電気刺激を与えることで、再び歩けるようになる方法をスイスの研究者らが実証した。被験者の男性3人には無線インプラントを埋め込み、脊髄に局部的な電気刺激を与えた。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

ミリオネアも スイスの開業医の年収は約3千万円 より正確な実態が明らかに

スイスの開業医の年収の中央値は25万7千フラン(約2900万円)と、これまでの推定より3割近く多いことが、スイス連邦内務省保健局が29日発表した調査で分かった。

平均寿命 欧州で最も長生きなのはスイス人&スペイン人

欧州連合(EU)統計局「ユーロスタット」によると、スイスの平均寿命は83.7歳で欧州最長だ。

スイスで働く スイス、労働者の27%が「職場で深刻なストレス」

スイスで「職場でストレスを感じる」という人が増えている。特に若者の間でその傾向が目立つ。

感染症との闘い 「死の病」結核の根絶目指し、グローバルに結束する研究者たち

世界保健機関(WHO)によれば、昨年、結核による死亡者数は160万人に上った。これは、エイズとマラリアによる死亡者数の合計よりも多い。スイスとブラジルの研究者たちは結核菌遺伝子の謎を解き明かし、主な抗結核薬に耐性を持つ多剤耐性結核と闘おうとしている。

患者調査 スイスの中毒患者の現状明らかに 地域差も

スイス健康調査機関(OBSAN)が行った2016年の患者調査で、スイスの中毒患者はどのような合法・違法薬物に依存し、またどの地域に集中しているのかが明らかになった。フランス語圏の日曜紙ル・マタン・ディマンシュが21日付けで報じた。

喫煙 世界のたばこ産業が集まるスイス 規制枠組み条約への対応は?

スイスは世界3大たばこ企業の本社があり、世界保健機関(WHO)のたばこ規制枠組み条約(FCTC)を批准していない国でもある。その一方、ジュネーブでは同条約に関する重要な会合が開かれた。

世界的流行病 スイスでも猛威をふるったスペイン風邪

1918〜19年に大流行したスペイン風邪(インフルエンザ)は、スイス史上最悪の被害を出したパンデミック(病気の大流行)の一つだ。死者は約2万5千人を数え、国民の半数が感染した。最も多くの死者が出たのは今から100年前、1918年10月のことだった。

アニマルセラピー 動物とのふれあいで活気 スイスの高齢者施設

健康増進や記憶力の改善、入居者同士の会話のきっかけ作り。スイスのある高齢者施設で導入されたアニマルセラピーは、さまざまな効果を上げている。

大リストラ ノバルティス、スイスで2000人の雇用削減

製薬大手ノバルティスは25日、今後4年間でスイスで働く従業員2200人を削減すると発表した。1500人近くは製造部門、700人は総務部門だという。

スイス気象台 スイス、世界初のリアルタイム花粉計測システムを導入へ

国立スイス気象台(メテオ・スイス)は2023年、世界で初めて全自動の花粉モニターシステムを導入する。花粉症に悩む人はより信頼性が高い花粉情報をリアルタイムで得ることができるようになる。

平均寿命が長いスイス スイス、今年はがんによる死亡が1万8千人の見込み

世界保健機関(WHO)が12日発表した調査で、スイスでは今年、新たにがんと診断される患者が5万6千人超に上る見込みであることがわかった。

セックス スイスの若者、初体験は16歳 最新調査で

スイスの若者の多くが16歳でセックスを初体験していることが、最新の調査でわかった。ほとんどの若者がコンドームを使用していたが、10人に1人が性感染症(STD)に罹患していたことも判明した。

救急医療 スイスの救急外来利用、州で大きな差

スイスのフランス語圏とイタリア語圏は、ドイツ語圏よりも救急外来を受診する人が多いことが、スイス健康調査機関(OBSAN)のまとめでわかった。