主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

金融会議 スイス外相「ブロックチェーンは人道支援に効果」

スイスのイグナツィオ・カシス外相は17日、サンモリッツで開催されたクリプトファイナンス会議で、ブロックチェーンや金融技術の最新のイノベーションが、危機にある地域への人道支援に役立つと語った。

このコンテンツは2020/01/22 6:30に配信されました

金融政策 スイス中銀、巨額黒字で「大盤振る舞い」

2019年、スイス国立銀行(スイス中央銀行、SNB)は490億フラン(約5兆6千億円)と、過去2番目に大きな黒字を叩き出した。潤沢な資金を背景に、SNBは連邦や州に「大盤振る舞い」する方針だ。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

今度は元取締役員 クレディ・スイスに別の内偵スキャンダル

スイスの銀行大手クレディ・スイスで別の内偵スキャンダルが発覚した。今年2月に幹部行員が「許されない」監視下に置かれていたことが分かった。

このコンテンツは2019/12/23 13:18に配信されました

金融政策 個人顧客へのマイナス金利広がる

スイスの銀行が個人顧客の口座に維持手数料としてマイナス金利を課す動きが広がっている。当初は法人や富裕層顧客に限られていたが、対象となる預金額の引き下げが相次ぎ、逆転する気配はない。

脱税との戦い スイス、税の透明性向上へ法改正

スイス連邦政府は税の自動的情報交換制度を強化するため、法改正案を閣議決定した。

このコンテンツは2019/11/27 10:29に配信されました

1MDB マレーシアの巨額汚職事件、スイスの行員も罰金

マレーシア政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)をめぐる汚職・資金洗浄疑惑事件で、チューリヒ市内にあるプライベートバンク・クーツの元行員2人が事件に関連すると疑われる取引について、当局への報告義務を怠ったとして罰金処分を受けた。

このコンテンツは2019/11/26 11:18に配信されました

株式市場 スイス証取、スペイン証取買収案を発表

スイス証券取引所を運営するSIXグループは18日、スペイン証券取引所を運営するボルサ・イ・メルカードス・エスパニョーレス(BME)を友好的に買収する提案を発表した。28億ユーロ(約3360億円)を全額現金で支払う案だ。

このコンテンツは2019/11/20 12:13に配信されました

IMFに反論 スイス中銀、投資方針は「環境に十分配慮」

​​​​​​​ スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のアンドレア・メクラー理事は14日、中銀資産の運用方針は十分に気候変動に配慮していると述べた。SNBは環境への取り組みを商業銀行に強制する権限を持っていないとも主張した。

このコンテンツは2019/11/18 13:09に配信されました

SEBA 世界初の仮想通貨銀行がスイスで営業開始

世界初の仮想通貨銀行SEBAが12日、スイスのツーク州で開業した。年末までに3ケタの国内口座の開設を狙い、世界展開と1億フラン(約110億円)の資金調達を目標にする。

このコンテンツは2019/11/15 11:50に配信されました

スイスのお金 1976年以降のスイス旧紙幣 交換は無期限

スイス政府は13日、1976年に発行された第6次紙幣以降の旧紙幣について、20年の交換期限を撤廃する決定を出した。

このコンテンツは2019/11/14 10:50に配信されました

金融政策 スイスのマイナス金利、経済コストへの懸念大きく

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のマイナス金利政策は、スイス経済全体にとっては利益よりコストの方が大きいと考えられている。個々の企業収支に与える影響は今のところ小さいが、大手金融機関が顧客にマイナス金利を転嫁する動きが広がり、今後はダメージが大きくなる可能性がある。

このコンテンツは2019/11/08 12:38に配信されました

ブームの結末 スイス・ヴァレー州の地域通貨、2年半で廃止決定

2017年4月にスイス西部・ヴァレー(ヴァリス)州で導入された地域通貨「ファリネ」は、地域経済を盛り上げるという当初目的を達成できず、今年末で廃止されることになった。

このコンテンツは2019/11/06 14:03に配信されました

金融政策 スイス中銀総裁、マイナス金利の深堀りを示唆

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のトーマス・ジョルダン総裁は3日付の国内紙のインタビューで、現在マイナス0.75%に設定している政策金利をさらに引き下げる可能性を示唆した。

このコンテンツは2019/11/04 13:22に配信されました

マネーロンダリング スイスの「資金洗浄大国」汚名返上への道のり

スイスはこの数年、マネーロンダリング(資金洗浄)との闘いに努力してきた。法制度も整ってきたが、一刻も早く補修すべき欠陥も残る。

資金洗浄疑惑 UBS、560億円を引き当て 仏当局の罰金に備え

スイスの銀行最大手UBSは、脱税・マネーロンダリング(資金洗浄)疑惑でフランス当局に課された35億ユーロ(約4200億円)の罰金を捻出するため、5億1600万ドル(約562億円)の引当金を新たに積んだ。

このコンテンツは2019/10/30 7:35に配信されました

グローバルウェルスレポート2019 富裕度ランキング スイスは平均値で世界トップに

スイスの金融大手クレディ・スイスは21日、世界の富裕度を測る「グローバルウェルスレポート2019」を発表した。スイスは成人1人当たりの純資産で群を抜き、主要国トップの座を維持した。

このコンテンツは2019/10/23 16:46に配信されました

マネーロンダリング UBS、資金洗浄疑惑で2.6億円罰金

スイスの銀行UBSは、従業員によるマネーロンダリング(資金洗浄)に対するイタリア当局の捜査を終わらせるため、215万5千ユーロ(約2億6千万円)の罰金を支払うことに同意した。

このコンテンツは2019/10/22 11:40に配信されました

規制の圧力 仮想通貨「リブラ」、主要提携企業の脱退で波乱の船出

米フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」は提携企業のうち7社が脱退を表明し、大きな打撃を受けた。プロジェクトの音頭をとるリブラ協会(本社・ジュネーブ)は憲章の策定や経営陣の刷新で、規制当局からの圧力に抗おうとしている。

このコンテンツは2019/10/16 8:40に配信されました

タックスヘイブン EU、スイスを脱税回避地グレーリストから除外 法人税改革で

欧州連合(EU)はタックスヘイブン(租税回避地)とみなされる国のリストからスイスを削除する方針だ。EUの関係文書で明らかになった。

このコンテンツは2019/10/08 10:00に配信されました