主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスのコソボ人社会 映画を通じて明るい未来を目指すコソボの映画監督たち

バルカン諸国のコソボで、人々に元気と力を与える手助けをしている映画監督たちに、スイスは支援の手を差し伸べている。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

国際都市ジュネーブ スイスにデジタルイニシアチブ財団設立

スイスのデジタル化を推進する財団「スイス・デジタルイニシアチブ」が1月、ジュネーブに誕生した。デジタルの世界で倫理基準や公平性を整えていくことを目的とした官民共同の取り組みだ。

写真展 世界報道写真賞に輝いたスイス人 ペーター・ダムマン

1998年、ロシアの士官候補生の写真で称賛を得たスイス人の写真家ペーター・ダムマン。昨年、ダムマンの残した豊富な作品を振り返る写真集がスイスで出版された。また現在、写真展がベルンで開催されている。 

夫を失った悲しみを乗り越えて ビクトリア女王が変えたスイスの観光業

今から約150年前、ビクトリア女王は5週間の休暇を過ごすため、少数のお付きの者を連れてスイス中央部へ向かった。初めてのスイス旅行は、女王本人だけでなくスイスの観光業にも大きな影響を与えた。

「必要とされていると感じる」 ルーツに立ち戻るスイス系コソボ人映画監督

Photographie 生物多様性を失ったスイスアルプスの世界

人間が住みつき農業を始めたことで、スイスアルプスの風景はがらりと変わった。カラー写真の黎明期に撮られた山並みには、アルプスの生物多様性や生態系研究の先駆けとなった人々の姿も写っている。

新型肺炎疑いで隔離 スイスの患者2人、コロナウイルス検出されず

中国で感染が広がる新型コロナウイルスで、チューリヒ市内の病院は28日、ウイルス感染の疑いで収容していた患者2人について、いずれもコロナウイルスは検出されなかったと発表した。

このコンテンツは2020/01/28 13:03に配信されました

コロナウイルス   新型肺炎 スイス観光業に影響は?

スイスの観光当局は、新型コロナウイルス感染の拡大により、今後数週間でスイスを訪れる中国人観光客の数が30〜50%減少する可能性があると語った。

このコンテンツは2020/01/28 10:01に配信されました

動物の福祉 世界で最も厳しい動物保護法を課すスイス

スイスは世界で最も厳しい動物保護法を設けている国の一つだ。動物の福祉を守るためさらに規制を強化する案が、繰り返し国民投票にかけられている。専門家はそれでもまだ欠陥があると話す。

米イラン関係とスイス イランへの人道支援、ダボス会議で協議へ

ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)によると、21日始まる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で、スイスが進めていた医薬品や食糧など、イランへの人道的物資の貿易チャネルが協議される見通しだ。

このコンテンツは2020/01/20 11:39に配信されました

学校生活 スイスでいじめは増えている?

経済協力開発機構(OECD)の「生徒の学習到達度調査」(PISA)によると、いじめ、特に身体的嫌がらせがスイスの学校で増加しているようだ。いじめはスイスでどれくらい大きな問題になっているのだろうか。

学校生活 なぜスイスの学校には制服が無いの?

スイスで校庭をのぞいてみれば、学校の制服が無いことに気づくだろう。もちろん生徒の多くが着ているデニム、パーカ、スウェットを除いての話だ。なぜスイスの学校には制服が無いのだろう?

google スイスの2019年検索トップはあの人

2019年のスイスにまつわるGoogle検索ワードランキングで、個人部門の1位は歌手の「●●●」だった。

このコンテンツは2019/12/30 6:00に配信されました

多文化に配慮どこまで? 学校でのクリスマス・キャロル斉唱 一部取りやめ

スイス北東部の小学校が、クリスマスイベントで歌う歌のリストから、3曲のクリスマス・キャロルを削除した。「他の文化に配慮する」のが理由だが、多文化・キリスト教徒の国スイスで波紋を呼んでいる。

教育 ホームスクール、スイスでなぜ増加?

子供を自宅で教育する「ホームスクール」を許可するか否かが、スイスで議論になっている。親たちがホームスクールを選ぶ理由は何なのか。

このコンテンツは2019/12/23 6:00に配信されました

動物保護 生きたひよこの細断 スイスで禁止

2020年1月1日から、卵の生産に役に立たないという理由で、オスのニワトリのひなを生きたまま細断して殺処分することが禁じられる。スイス連邦議会は今年10月、動物福祉政策の一環で動物保護法改正案を可決した。

絶滅危惧 チーターの繁殖続けるバーゼル動物園

絶滅が危ぶまれるチーター。スイスでは数頭のチーターが飼育されています。その1つがバーゼル動物園。メスのアリマ、オスのロスが暮らしています。 同園では過去12年で4回の繁殖に成功、13匹の赤ちゃんが生まれました。欧州でこれだけの実績を挙げた動物園は全体の10%にとどまるといいます。 ...