主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

真冬の楽しみ 世界遺産で氷上釣り スイス・エッシネン湖

スイス・ベルナーオーバーラント地方の世界遺産、エッシネン湖はこの冬、氷上釣りを楽しむ人で賑わっている。(SRF/swissinfo.ch)

生物多様性 スイスの「今年の鳥」は絶滅危惧種のタゲリ

スイスでは約15年前にほぼ絶滅したとされていたチドリ科のタゲリが「今年の鳥」に選ばれた。鳥類保護団体の「バード・ライフ」が選出した。タゲリは日本でも一部の地域でレッドリスト指定を受けている。 

このコンテンツは2019/01/17 10:30に配信されました

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

2019年「気候変動パフォーマンス・インデックス」 スイスの気候政策 海外で称賛されるも国内では批判

国際的な気候変動をまとめた「2019年気候変動パフォーマンス・インデックス」(CCPI)によると、スイスは気候変動対策で世界をリードする国の一つだという。特に温室効果ガスの排出量とエネルギー消費の点で高評価を受けたが、スイス国内では何百人もの学生が「スイスの気候政策の失敗」に抗議している。

スイス観光事業 高価格がネック ユングフラウ鉄道の今後の戦略は

12日間の欧州パッケージ旅行がフライト代込みで6万5千円なら、スイスの登山電車に乗ってヨーロッパの最高地点にあるユングフラウヨッホ駅を楽しむことはできないかもしれない。

幻想的な光 2019年アニマル・オブ・ザ・イヤーはグローワーム

世界的に昆虫が激減していることを受け、スイスの環境保護団体プロ・ナチュラは3日、グローワームをアニマル・オブ・ザ・イヤーに選出した。虫に対する人々の意識を高めることを狙う。

このコンテンツは2019/01/07 8:30に配信されました

ウィンタースポーツ好調 年末年始スキー客でにぎわう山岳リゾート

好天気と良い雪の状態に恵まれ、クリスマスと新年にかけ多数のスキー客が山岳リゾート地を訪れた。

このコンテンツは2019/01/04 10:41に配信されました

私の視点 気候変動している、していない?取り組むべき「二つの現実」

地球温暖化は現実だ。ところが、それに疑いを持つ人々がいる。ザンクト・ガレン大学教授で政治学者のクラウス・ディングヴェルト氏が、これら気候温暖化の否定論者らに見られる五つのフェーズ(段階)を解説する。

健康リスク ジュネーブ、フランスの原発計画に反発

スイス・ジュネーブ当局は、近くのフランス南東部ビュジェ原子力発電所(稼動年数46年)に対して2回目となる訴状を提出した。原発がスイス住民にとって「大きなリスク」をもたらすとしている。

このコンテンツは2018/12/24 7:20に配信されました

世界自然保護基金(WWF)調査 環境に優しくないスイス製高級時計

世界自然保護基金(WWF)スイス支部はスイスの時計製造企業に対し、特に金の使用に関して環境や社会への影響に責任を持つよう訴えた。

このコンテンツは2018/12/21 10:16に配信されました

世界潮流の先端を行く 多国籍企業よ、人権を守れ! スイス市民が求める企業責任

スイス連邦議会下院はこの夏、人権や環境に悪影響を及ぼした企業の引責を求めるイニシアチブ(国民発議)の対案を可決した。これは、原案を否決したスイス政府へのメッセージでもある。  ...

環境汚染 毎年50トンものゴミ スイスのレマン湖

スイスとフランスの国境にあるレマン湖には、毎年約50トンのプラスチックごみが流れ込むことが新しい研究で明らかになった。 

このコンテンツは2018/12/19 10:14に配信されました

新エネルギー技術 「スマートシティー」 改善の余地なお多く

エネルギー技術の進歩については毎日のように報じられる。しかし、省エネ・高効率の「グリーン」技術だけで、私たちが住みたいと思うような持続可能な都市を作ることができるのだろうか?

地球温暖化 政治家よ目を覚ませ!「気候警報」デモで訴え

スイスの首都・ベルンの連邦議事堂前で千人以上がデモ行進を行い、「気候警報」としてあらゆる種類の楽器や道具などで騒音を出して要求を訴えた。

このコンテンツは2018/12/10 11:28に配信されました

無形文化遺産 スイスの雪崩リスクマネジメント ユネスコ無形文化遺産登録へ

スイスとオーストリアは、雪崩リスクマネジメントへの貢献が評価され、ユネスコ無形文化遺産として登録されることが決まった。無形文化遺産は有名な伝統行事、芸術形態や習慣などを対象とする。

このコンテンツは2018/11/30 13:53に配信されました

環境 スイスの森林、3分の1は民間所有

スイス連邦環境省の調査によると、スイスの森林の3分の1は私有であり、その大部分は次世代にとって重要な生態系を維持するためにきちんと管理されている。

このコンテンツは2018/11/29 12:00に配信されました

気候変動 干ばつがスイスの森林に及ぼす影響

今年は例年になく暑く、雨が少なかった。そんな一年も終わりに近づく今秋、木々の葉はかつてないほど鮮やかに色づいているように見える。しかし、スイスの木々は冬を乗り切る準備ができているのだろうか。さらに、干ばつが増えると予想される未来への備えはどうだろう。

専門家の予測 地球温暖化 スイスはより暑く乾燥

気候変動の影響でスイスは乾燥して温暖な気候になり、雨が増え雪は減る可能性がある。スイス気象台(メテオ・スイス)、連邦工科大学チューリヒ校、ベルン大学の専門家らが13日に明らかにした。

このコンテンツは2018/11/14 11:19に配信されました

動物保護 オオカミの個体数が大幅に増加 家畜への被害懸念も

スイス狼愛好会は3日、アルプス地区のオオカミの数が昨年から大幅に増え、3割近く増加したという最新調査を発表した。オオカミの個体数は毎年10〜15%程度増えているが、昨年は特に劇的に増加。アルプスに生息するオオカミの生息数が急速に増えている。

このコンテンツは2018/11/06 10:30に配信されました