暮らし

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスへの呼び込み 冬のスイス山岳リゾートの魅力を売り込む ターゲットはアジア

スイスに駐在する外交官に観光大使としてスイスの魅力をアピールしてもらうためにはどうすればいいだろうか。先日、ユングフラウ地方のヴェンゲンでは、数十カ国の外交団が丁重にもてなされた。招待客はすっかりこの山岳リゾートに魅了されたようだ。

スイスと日本をつなぐ 「ベリンツォーナに本物を」日本から飛騨古川祭を招待、長年の願い叶う

スイス南部ティチーノ州ベリンツォーナで14、15日の2日間、日本の文化を紹介する「ジャパン祭」が開かれ、スイスや隣国イタリアなど欧州各地から過去最高の約9千人が来場した。14日には、400年の歴史を持つ岐阜県飛騨市の「古川祭」を日本から初めて招待し、巫女の衣装を着た女性たちが優雅な舞を披露した。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

「グリーン・クラス」パス スイス連邦鉄道、環境に優しい定額運賃パスを試験運用

スイス連邦鉄道(SBB)は13日、電気自動車など鉄道以外の移動手段を組み合わせる定額運賃サービス「グリーン・クラス」の試験運用を始めた。カーシェアリングを含めた環境に優しい交通手段の利用を促す。

スイスと日本をつなぐ 日本は相撲、ではスイスの国技は?2カ国をオモシロ比較

日本が相撲なら、スイスの国技は?年間のチョコレート消費量はどれだけ違うー?アラン・ベルセ連邦大統領が日本を公式訪問しているのに合わせ、ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)が日本とスイスを比べたイラスト入りのグラフを配信した。様々な観点から両国の特徴を伝えている。

シリーズ「私たちは在外スイス人」 「全てが目と鼻の先」 英国ロンドンで異文化を学ぶ

世界屈指の国際都市で大学に進学し、世界とのつながりを手に入れたスイス人女性ヤニーナ・カウツさん(23)。専科の異文化コミュニケーションを学ぶに適した場所は、ロンドンよりほかに無かったと話す。

オンライン市場 米アマゾン、スイス郵便と提携へ

スイス郵便が今週、米インターネット通販大手アマゾンとの事業提携に署名したことが明らかになった。通関手続きを容易にし、アマゾンが通関手数料を顧客に請求できるようにする内容だ。

スイスの観光名所ユングフラウヨッホ ヨーロッパ最高地点の鉄道駅でトイレを流すとどうなる?

スイスで最も標高の高い地点にある観光名所ユングフラウヨッホでは、100万人を超える観光客のための水・食べ物・酸素はどのように賄われているのか?舞台裏に迫った。

ジュネーブ・モーターショー スイスの自動車メーカーが手がけた未来のクルマ

世界中の新型車が一堂に会する第88回ジュネーブ・モーターショーが、ジュネーブ空港そばのコンベンションセンターで開かれている。18日までの期間中、約70万人の来場者を見込む。その中でもきらりと光るスイスの自動車メーカーを取材した。

ポルシェやランボルギーニも ジュネーブ・モーターショーが開催

世界中の新型車が一堂に会する第88回ジュネーブ・モーターショーが8日、ジュネーブで開幕した。日本からはトヨタ、ホンダ、日産、マツダなどが出展。18日までの期間中、70万人が来場する見込み。

バーゼル生活20年 組織統率「国籍問わず、相手を知ることが鉄則」 IAIS河合美宏氏

スイス・バーゼルを本拠とする保険監督者国際機構(IAIS)の事務局長を務めた河合美宏氏が昨年末、退任した。民間出身で国際機関の長に就くという異色の経歴ながら、金融危機後に保険業の自己資本規制作りという難題を取り仕切った河合氏に、マネジメントの秘訣や保険業界の課題を聞いた。

「スイスでうまく行けば、どこでもやって行ける」 イケアの重要拠点はスイス この国のインテリアに与えた影響

創業者イングバル・カンプラード氏が先月、91歳で死去したスウェーデンの家具大手イケア。イケアがスカンジナビア半島以外の初の海外拠点に選んだ国は、スイスだった。イケアの製品は、この国のインテリアやライフスタイルにどんな影響を与えたのか。

スイスの観光 スイスで格安長距離路線バスが誕生へ 3月から、国内3路線

スイス連邦運輸省交通局は19日、ドーモ旅行社(Domo Reisen、本社チューリヒ州グラットブルック)に対し、国内初となる格安長距離路線バスの運行を認可したと発表した。国内3路線を走る。

シリーズ「フォーカス・ジャパン」1の5 日本人は別の人生を夢見ながら生きる?スイス人が見た今の日本

来日し、まず東京を訪れたスイス人報道写真家のパトリック・ロールさん。これまでに人気タレントの春香クリスティーンさんに会い、一風変わったバーのマスター由郷(ゆうごう)さんの自宅を訪れた。次に出会ったのは、魚屋の高梨至庸(ゆきのぶ)さんだ。

著作権侵害 スイス人グラフィティ画家、米GMを訴える

「SMASH137」の名で活動するスイス人グラフィティ画家のアドリアン・ファルクナー氏が、米自動車のゼネラル・モータース(GM)を相手に訴訟を起こした。許可なく自身の作品を広告に使用し著作権を侵害されたとして、賠償を求めている。

シリーズ「フォーカス・ジャパン」1の4 スイス人ジャーナリスト、脱サラ日本人男性の自宅を訪問

スイス人報道写真家のパトリック・ロールさんはある夜、東京の繁華街「ゴールデン街」へと繰り出す。出会ったのは、一風変わったバーのマスター松崎由郷(ゆうごう)さん。サラリーマン生活に終止符を打ち、バーのマスターとして独立した。