Navigation

にぎわう冬山

Keystone

金融危機もどこ吹く風。スイスのウインタースポーツ・スポットは、景気上昇に沸いているかのようなにぎわいを見せている。続く好天と十分な降雪量のおかげで、ホテルやレストラン、山岳鉄道の経営者はホクホク顔だ。

このコンテンツは 2008/12/30 09:51

ベルナー・オーバーラントのグシュタード ( Gstaad ) では、休暇用アパートもホテルも年末年始にかけては満室状態。
「今からホテルの部屋を取るにはかなりの幸運が必要だ」
と言うのは「グシュタード・ザーネンラント ( Gstaad-Saanenland ) 観光局」のケルスティン・ゾンネカルプ氏。有名なスノースポーツ地域はどこも似たような状況だ。

スイス全国で活況

「グリンデルワルト観光局」のマリナ・トン氏も
「金融危機の影響はまったく感じない」
と言う。観光客の消費も例年と変わらず、町のホテルや休暇用アパートはやはり満室だ。

中央スイスの「アンデルマット・ゴッタルド・スポーツ鉄道 ( Andermatt Gotthard Sportbahnen ) 」のカルロ・ダニオト氏は
「クリスマス休暇中の業績は非常に満足のいくものだった」
と話す。乗客数は例年以上になったという。

スイス東部のグラウビュンデン州にある各リゾート地も同じく高揚している。「ダヴォス・クロスターズ ( Davos Klosters ) 観光局」のコルネリア・リントナー氏によると、クリスマスや年末年始の連休中の、ホテルの宿泊予約状況はかなり良いという。「アローザ ( Arosa ) 観光局」も「村はもう満杯」だと報告、シュクオール ( Scuol ) やサヴォニン ( Savognin ) でもホテルの空室はあとわずかしか残っていない。

数多くのウインタースポーツファンを雪山へと誘っているのは晴天の続く好天気だ。山岳鉄道はフル回転。何千人という観光客が最高のコンディションを整えたゲレンデでスポーツを楽しんでいる。「グラウビュンデン山岳鉄道協会」のシルヴィオ・シュミット会長は
「シーズンスタートに理想的な積雪があり、その後、晴天が続いている。まったく望むとおりです」
と満悦の体だ。

西スイスのスキー場も年末年始の連休は盛況で、ヴァレー/ヴァリス州ヴェルビエ ( Verbier ) では先週日曜日、1万5000人と今年最高の人出を記録した。これは前年比8%の増加だ。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。